登録 : 2015.06.15 22:24 修正 : 2015.06.16 08:32

 確定診断患者150人・死亡16人
 隔離対象は5千人を超える
 ポラメ病院・原子力病院など
応急室閉鎖が相次ぐ

MERSの影響で休校が続き授業を再開したソウル江南区開浦洞のヤンジョン小学校で15日午前、先生が登校する児童たちの手に洗浄剤を噴霧している=イ・ジョングン記者//ハンギョレ新聞社

 中東呼吸器症候群(MERS)コロナウィルスの第3次流行の危機が高まっている。 先月20日に最初の患者が発生して1カ月になろうとしているが、MERS事態は沈静化するどころか4次感染が相次ぎ発生し、MERS感染前に健康だった患者も2人死亡した。 最初の患者による1次流行と、14番目と16番目の患者の2次流行に続き、MERSがさらに拡散するのではないかと憂慮される。

 保健福祉部疾病管理本部中央MERS管理対策本部(対策本部)は15日、「MERSの陽性反応が出た患者が5人追加され150人になった。 このうち1人(150番目の患者)は、76番目の患者(75、死亡)がソウル建国大病院に入院した当時に同じ病室の患者を看病して感染した」と明らかにした。 76番目の患者を建国大病院などに移送する過程でMERSに感染し、12日と13日に相次いで陽性反応を示した民間救急隊の運転手(133番目の患者)と同乗者(145目の番患者)に続き、3人目の4次感染者が発生したことになる。 76番目の患者は6日に建国大病院に入院するのに先立ち、5~6日には江東(カンドン)慶煕大病院にも入院しており、今後二つの病院の関連隔離者400人余の中から感染者が出てくることが憂慮されている。

 対策本部はまた「3日、建陽大病院で16番目の患者によって感染し陽性反応を示した36番目の患者(82、死亡)に心肺蘇生術を施した看護師(39、148番目の患者)もMERS患者と診断された」と明らかにした。 サムスンソウル病院で感染した123番目の患者(65)が訪問したソウル・松坡(ソンパ)区のソン・テウイ内科医院で診療を受けた女性(46、147番目の患者)も陽性反応を示した。これで4次感染者は計5人になった。 しかし76番目の患者の息子(55、146番目の患者)の場合も先月27~28日に母親とサムスンソウル病院応急室に一緒にいたが、潜伏期(14日)が2日過ぎた13日から症状が現れ、事実上の“家族間伝染”による4次感染と推定される。

 この日現在の隔離観察対象者は5216人に増え、サムスンソウル病院移送要員と外来患者感染と関連して追加される約5000人まで加えれば隔離者は1万人に達しうると対策本部は明らかにした。 これらの隔離者の中でも特にMERS患者が“スーパー伝播力”を示す時期である症状発現後5~7日に3次感染者と接触した人々の中で感染者が相次ぐ可能性が高い。 たとえば大田大清病院で感染した143番目の患者の場合、発熱症状が始まった2日から病院4カ所と食堂などに立ち寄ったが、症状発現後5~7日に入院した病院で感染患者が多く出ることが考えられる。

 チョン・ウンギョン対策本部現場点検班長はこの日、「14日に28番目(58)と81番目の患者(62)が亡くなり、死亡者が16人に増えた。 このうち2人は持病がなかった」と明らかにした。

 51番目(72、女性)と81番目の患者の場合、普段から特別な疾患がなく元気な方だったが、MERSで隔離された後に肺炎が悪化し死亡したことが分かった。 専門家たちは「サイトカインストーム」により肺炎が生じたと推定している。 ウイルスが肺に浸透した時、免疫システムが作動してサイトカインという物質が出てくるが、過度に分泌された場合に肺を損傷させることもある。

 3次感染者の発生が続き、4次感染の事例まで相次いでいるために対策本部のコーホート隔離(一時的・部分的閉鎖)措置とは別に自主的に閉鎖を決める病院も増えている。 ソウル市のボラメ病院は137番目の患者(サムスンソウル病院移送要員)が応急室に立ち寄った事実を知り応急室を部分閉鎖したし、韓国原子力医学院(原子力病院)も疑いのある患者の訪問を理由に一時応急室を閉鎖した。 この日現在、一部の病棟をコーホート管理している病院はソウルの建国大、江東慶煕大、メディヒール病院、京畿道華城(ファソン)の東灘(ドンタン)誠心、平沢(ピョンテク)グッドモーニング病院、忠清南道の牙山(アサン)忠武病院、大田大清、建陽大、乙支大病院、慶尚南道の昌原(チャンウォン)SK病院などだ。

イ・グンヨン先任記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

韓国語原文入力:2015-06-15 20:28
http://www.hani.co.kr/arti/society/health/696068.html 訳J.S(1972字)

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue