• [コラム] 退行の時代
     3年3カ月間に会った日本人たちの中で、話がよく通じた人々はたいてい80代以上のおじいさんだった。2014年6月、ノーベル文学賞受賞者の大江健三郎氏と行った対談が思い出される。1935年、愛...
    2017.01.19 23:28
  • 正気を失った日本右翼、その背後には米国
     ホテルチェーンを経営する日本の不動産企業の極右事業主が、南京大虐殺を否定する本を客室に備置しておき、中国人の抗議を受けると「見解の相違」を許さないのかと逆に非難して、自国の言...
    2017.01.19 23:26
  • [記者手帳]日本から来た弁護士
     今月14日、全羅南道高興(コフン)鹿洞(ノットン)港沖合の小鹿島(ソロクト)に嬉しい客が訪れた。こちらの住民をはじめ、ハンセン病患者590人を代理して韓国と日本政府を相手取り訴訟を...
    2017.01.18 00:12
  • [社説]外信が暴露した潘基文親族疑惑の深刻度
     韓国帰国後に本格的な大統領選の準備に乗り出した潘基文(パン・ギムン)前国連事務総長を巡る疑惑が相次いで指摘されている。国連を対象にした調査報道メディア「インナーシティプレスドッ...
    2017.01.17 21:28
  • [寄稿]中国からみた韓日の「少女像をめぐる軋轢」
     釜山(プサン)日本領事館前の「平和の少女像」問題で最近、韓日の軋轢が深まっている。日本政府は主に二つの理由から韓国を批判した。2015年の韓日「軍慰安婦合意」に違反しており、1961...
    2017.01.17 00:22
  • [寄稿]慰安婦問題のこれから
     プサンの日本領事館前に少女像が設置されたことに抗議し、日本政府は駐韓大使やプサン総領事を帰国させるという強硬策を取った。日韓関係が紛糾する中、今回は、日韓関係に突き刺さった難...
    2017.01.16 08:35
  • [社説]被害者面をしていてはサムスンの将来も暗い
     ミル財団、Kスポーツ財団に援助した以外に、チェ・スンシル氏の娘チョン・ユラ氏に巨額の支援をしていたサムスングループが「我々は被害者」と強弁している。掌で雨を防ぐ(無理な言い逃...
    2017.01.15 21:22
  • [社説]厳しい試験台に立った潘基文の「権力への挑戦」
     潘基文(パン・ギムン)前国連事務総長が12日、帰国記者会見で明らかにしたいくつかのメッセージのうちから主要な単語を選ぶなら、国民大統合、国際的識見、弱者の人権の代弁、政治交代にな...
    2017.01.12 23:37
  • [コラム]去りゆく大統領の後ろ姿
     バラク・オバマ米大統領がホワイトハウスを去る。米国初の黒人大統領として、8年間在任した彼は退任を10日後に控えた10日(現地時間)に退任演説を行った。去るに際しても希望を語ったオバ...
    2017.01.12 22:49
  • [コラム]謹弔!「朴槿恵外交」
     今年の韓国外交のさらに大きな挑戦は、“少女像の日本”と“THAAD(高高度防衛ミサイル)の中国”ではなく、トランプ政権の登場と共に起こる世界の権力構図の大激変によってもたらされるだろう...
    2017.01.12 00:29
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue