登録 : 2016.12.05 00:34 修正 : 2016.12.05 21:17

汝矣島(ヨイド)党本部・大邱(テグ)本部などで 
「セヌリ党解体」叫び生卵を投げ 
大邱の看板に「内侍宦官党」シールを貼りつけ  

大邱のセヌリ党支部の表札を「内侍宦官党」に変えた大邱地域の集会参加者たち。チョ・ヒャンミ氏提供//ハンギョレ新聞社
 ますます勢力を拡大させているろうそく集会の民心が標的を少しずつセヌリ党へと移している。国政壟断事態に責任を負うべき執権党が、朴槿恵(パク・クネ)大統領弾劾の代わりに「4月退陣論」を党論として採択するなど、民心とはかけ離れた姿勢を見せているためだ。6回目のろうそく集会では、ソウル汝矣島(ヨイド)のセヌリ党本部前で「セヌリ党を解体せよ」というスローガンが響き渡り、朴大統領の政治的故郷である大邱(テグ)ではセヌリ党の大邱支部の看板が市民によって「内侍宦官党」、「主犯党(主犯だ)」に変えられた。

 ソウルでは3日午後1時頃、セヌリ党本部前に300人余りのデモ隊が集まり、クリスマスキャロルの「フェリス・ナビダッド」(Feliz Navidad)の替え歌「槿惠ではない(クネヌン アニダ)」、「アリラン牧童」の替え歌「下野ソング」などを歌いながら、集会ムードを盛り上げた。2時に「朴槿恵政権退陣非常国民行動」主催で「共犯者は刑務所へ」集会が始まると、参加者は一斉に「国民の命令だ、セヌリ党は解体せよ」、「国民の命令だ、朴槿恵は退陣せよ」というスローガンを叫んだ。主催側は参加者を2千人(警察推算1400人)と推計した。

「朴槿惠直ちに退陣第6回ろうそく集会」が開かれた3日、ソウル汝矣島のセヌリ党舎前で市民がセヌリ党の旗を引き裂いている=キム・ジョンヒョ記者//ハンギョレ新聞社
 「朴槿恵政権退陣非常国民行動」のパク・ジン共同状況室長が舞台に立ち、「国民の皆さん、申し訳ありません。一日も早く国政を収拾します」と書かれたセヌリ党本部の大型横断幕を指しながら「チョン・ユラ、チェ・スンシルスキャンダルが始まったのが9月であり、その後4カ月間、国政が麻痺した。これが国政を収拾するということか」と批判した。パク室長は「セヌリ党は弾劾に反対票を投じるということだが、許せるものか。セヌリ党を次の解散の対象にする」と話した。

 集会に参加した主婦のSさん(52)は「ため息が出る。親朴系でない非朴系はそれでも国民を代弁できると思ったのにそうではなかった。自分たちの将来だけを考えて、国と国民には気を配らないセヌリ党に直接叫びたくて出てきた」と声を高めた。市民たちは「国政壟断の共犯・セヌリ党」と書かれた大型横断幕を広げて一斉に引き裂き、セヌリ党本部にかかった白い横断幕に向けて生卵を投げつけ黄色く染めた。参加者たちは「弾劾しろ」「解体しろ」などのスローガンを叫んだ。

 朴大統領が生まれた土地であり「政治的故郷」に該当する大邱では、3万5千人あまり(主催側推算)が国債報償路(クッチェボサンロ)に集まり「朴槿恵退陣第5回大邱市大会」を開いた。参加者は「朴槿恵直ちに退陣」「セヌリ党解体せよ」「大統領を解体せよ」と書かれたプラカードと共にろうそくを掲げた。「大統領府を空け渡せ(ピウグラ)」(大統領府のバイアグラ購入をもじったもの)という字句が書かれた黄色い風船も多かった。

 市民たちは夜7時から、国政壟断事態後初めてセヌリ党大邱支部までの3.4キロを行進した後、ろうそく集会を開いた。市民たちはセヌリ党の大邱支部であることを示す看板の上に「二度と政治をするな、政界引退党」、「この党が共犯か?いや、主犯だ(党)」、「国をすっかり食った内侍宦官党」と書かれた大きなシールを貼るパフォーマンスを行った後、支部に向かって生卵を投げつけた。市民たちは「朴槿恵を逮捕せよ」、「セヌリ党解体せよ」というスローガンを叫び続け、同じ内容が書かれたシール数百枚を建物のあちこちに貼りつけた。

 慶尚南道庁のある昌原(チャンウォン)でも、ソウル広場より3倍ほど広い昌原広場に集まった1万人の市民が、3キロを歩いてセヌリ党慶尚南道支部まで行進し、セヌリ党を批判した。「風が吹けばろうそくは消える」という発言で、怒れる民心に油を注いだセヌリ党のキム・ジンテ議員の選挙地方区である春川(チュンチョン)では、キム議員の地方区事務所の隣を集会場所にし、市民1万5千人あまりが「朴槿恵は監獄へ、キム・ジンテは隣の房へ」などの横断幕を張って集会を開いた。

大邱/キム・イルウ記者、キム・ジフン、コ・ハンソル記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

韓国語原文入力:2016-12-04 20:23
http://www.hani.co.kr/arti/society/area/773234.html 訳M.C(1911字)

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue