登録 : 2016.12.05 00:52 修正 : 2016.12.05 07:43

野党3党すでに交渉不可を宣言 
非朴系、事実上賛成票の意見をまとめ 
野党「常識的な結果、歓迎」

セヌリ党非朴系の非常時局委員会が4日、国会議員会館で開いた総会で、ユ・スンミン前院内代表(後列左端)など出席者が国民儀礼を行っている。前列左からチュ・ホヨン、キム・ジェギョン、キム・ムソン、シム・ジェチョル、チョン・ビョングク議員=イ・ジョンウ先任記者//ハンギョレ新聞社
 弾劾案可決の「カギ」を握っているセヌリ党非朴槿恵系が、9日に朴槿恵(パク・クネ)大統領の弾劾訴追案の表決に参加し、賛成票を投じることで意見をまとめた。「与野党が朴槿恵大統領の退陣日程に合意できない場合」という前提がついたが、野党がすでに「交渉不可」を宣言したため、9日の弾劾案可決の可能性が一層高まった。

 セヌリ党非朴系が主軸である非常時局委員会は4日、国会で代表者・実務委員連席会議と総会を相次いで開き、激論を繰り広げた後、「最後に残った時間まで与野党が最善を尽くして交渉に臨むことを改めて追及する。それにもかかわらず与野党が合意に達しなければ、非常時局委は9日、弾劾表決に条件なしで参加し、弾劾案が可決されるように最善を尽くす」と明らかにした。

 非常時局委の代弁人であるファン・ヨンチョル議員は、このように決定した背景について「政界の論争とは関係なく『大統領は即時退陣しなければならない』という国民の意思が一歩も変わらないということが確認された」とし、「大統領の(退陣期限の)立場表明と関係なく、弾劾に参加する」と強調した。週末の232万人に達する史上最大規模のろうそく集会が非朴系の「弾劾回帰」を引き出したのだ。

 これに先立ち、非朴系は1日の議員総会で「4月朴大統領退陣、6月大統領選挙」の党論採択に同意した後、「大統領が7日までに退陣の日程を明らかにすれば弾劾をする必要がない」という立場を明らかにした。しかし、4日の会議ではろうそく集会を通じて朴大統領の3回目の談話(11月29日)と与党発の「4月退陣論」への逆風が確認され、「弾劾案が否決されれば非朴系全員の政治生命が終わる可能性がある」という危機感を表した議員が多かったと出席者たちは伝えた。

 「9日弾劾案表決」方針を立てた野党は、セヌリ党非朴系のこの日の決定を歓迎した。共に民主党のキ・ドンミン院内代弁人は「弾劾表決参加決定は常識的で当然の結果」と歓迎した。コ・ヨンホ国民の党代弁人は「国民の意思を尊重し、朴槿恵弾劾と即刻完全退陣に最善を尽くすことを国民に約束する」と明らかにした。一方、大統領府とセヌリ党主流の親朴系は、週末のろうそく集会や非朴系の決定に特に反応を示さず、事態の推移に神経を尖らせている。

ソク・ジンファン、オム・ジウォン記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr )

韓国語原文入力:2016-12-04 23:21
http://www.hani.co.kr/arti/politics/assembly/773240.html 訳M.C(1307字)

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue