登録 : 2015.07.10 23:45 修正 : 2015.07.11 06:43

 支持率19.2%に急上昇、金武星を0.4%p差で上回る
 30・40 代、大邱・慶尚北道で高い支持...「一過性の人気の可能性」との分析も

セヌリ党のユ・スンミン院内代表が8日午後、国会政論館で辞任記者会見をしている=キム・ギョンホ記者//ハンギョレ新聞社
 セヌリ党の院内代表から退いたユ・スンミン議員が与党次期大統領候補の支持率で金武星(キム・ムソン)代表を抑えて1位となった。しかし、急上昇したユ議員の支持率は中道層と野党支持層が基になったものと見られ、このような傾向がこれからも続くかは不透明な状況だ。

与党部門次期大統領候補の支持率。上からユ・スンミン、金武星、オ・セフン、キム・ムンス、チョン・モンジュン、ウォン・ヒリョン、ホン・ジュンピョ、ナム・ギョンピル=リアルメーター//ハンギョレ新聞社
 世論調査機関「リアルメーター」は8日から9日にかけて、成人1千人を対象に行った次期大統領候補の支持率調査(95%の信頼水準に±3.1%p)で、ユ議員が19.2%を記録し、金代表(18.8%)を0.4 %ポイント差で上回り与党候補群の中で1位を占めたと、10日発表した。 3位はオ・セフン元ソウル市長(6.0%)、4位はキム・ムンス元京畿道知事(5.3%)、5位はチョン・モンジュン元議員(4.4%)、続いてウォン・ヒリョン済州道知事(4,3%)、ホン・ジュンピョ慶尚南道知事(2.6%)、ナム・ギョンピル京畿道知事(1.9%)などがその後を続いた。与党の次期大統領候補の支持率調査で親朴槿恵(パク・クネ)系の候補は一人もいなかった。

 地域別に大邱(テグ)・慶尚北道(TK)地域でユ議員の支持率が26.3%で、全国平均よりも高いのが目を引く。朴槿恵大統領とユ議員の対決構図で揺れ動く大邱・慶尚北道の世論が窺える。

与党部門次期大統領候補の支持率。4月から6月まで圧倒的な1位だった金武星代表をユ・スンミン前院内代表が7月に入って追い越した=リアルメーター//ハンギョレ新聞社
 年齢別にみると、ユ議員は与党候補群の中で、40代で30.7%、30代で28.8%の圧倒的な支持率で金武星代表(40代13.1%、30代4.8%)を大きく上回った。 「よく分からない」という回答が68.0%である20代では、4.2%にとどまった。政治性向別にみると、ユ議員は中道層と革新層でそれぞれ25.3%、29.4%の高い支持率を見せたが、保守層では8.6%で金武星代表(35.5%)を大きく下回った。

 ユ議員側は、一部からユ議員の離党と新党推進の可能性を言及していることについて、「それはない」と一蹴した。この日、国会議員会館で開かれた区公約点検懇談会に出席したユ議員は、世論調査の結果と関連した質問に「何もいうことはない」と述べた。

 一部では、ユ議員の支持率急上昇は野党の支持層でユ議員に対する好感度が高まったことによるもので、「一過性の人気」に止まる可能性もあるとの分析も出ている。ユ議員が朴槿恵大統領と対立し、野党志向の支持層から支持されたものと見られ、与党の次期大統領選挙候補群だけを対象に調査を行った場合、ユ議員の支持率が高くなるしかないということだ。実際、与党の有力候補たちを対象にした調査で、ユ議員の支持率が先月5.4%から13.8%ポイント急上昇したが、1位だった金武星代表の支持率の低下は1.4%ポイントにとどまり、他の候補者に対する支持率もほとんど差がなかった。今回のリアルメーターの調査は8日から9日まで、全国19歳以上の成人1000人を対象に、携帯電話(50%)と固定電話(50%)に任意で電話をかける(RDD)自動応答方式で進められた。回答率は6.4%、標本誤差は95%信頼水準で±3.1%ポイントだった。

 有力な世論調査専門機関の韓国ギャラップはこの日発表した次期大統領候補の支持率調査でユ議員を候補とせず、金武星代表が与党候補群の中で支持率1位を守ったことが分かった。与野党を網羅した大統領選挙有力候補に対する支持率は、先月と同じようにパク・ウォンスン・ソウル市長(17%)が1位の座を守り、金武星セヌリ党代表(13%)、文在寅(ムン・ジェイン)新政治民主連合代表(12%)、安哲秀(アン・チョルス)新政治連合議員( 9%)、オ・セフン元ソウル市長(8%)、チョン・モンジュン元議員(4%)、キム・ムンス京畿道知事(3%)、イ・ジェミョン城南(ソンナム)市場(3%)などがその後を続き、先月とあまり変わらなかった。

ソ・ボミ記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr )

韓国語原文入力:2015-07-10 15:02

http://www.hani.co.kr/arti/politics/assembly/699742.html 訳H.J

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue