登録 : 2017.10.17 23:03 修正 : 2017.10.18 08:37

内国人だけでは991万人、外国人含めば1017万人 
登録人口統計では依然1千万人以上 
実際の居住人口は2013年に1千万人割り込む

ソウルの人口は住民登録上では1017万人だが、実際の居住人口は980万人程度と推定される=キム・ギュウォン記者//ハンギョレ新聞社
 ソウルの人口は991万人だろうか。あるいは1017万人だろうか。

 ソウル市は17日、国会行政安全委員会に提出した資料で、2017年6月末現在のソウルの人口を419万世帯、1017万人と明らかにした。ところがこれは、ソウル市が2016年5月に1千万人を割り込んだと明らかにしたのとは異なる数値だ。この日ソウル市が提示した人口統計は、ソウルに登録された内国人991万人だけでなく、登録された外国人26万人も含む数値だ。1千万人の大台を割り込んだというソウル市人口統計は、ソウル市に登録された内国人だけを言ったもので、ソウル市に登録された外国人は数えていない。言ってみれば外国人がいないことにしたわけだ。

 内外国人を包括した登録人口統計によれば、ソウル市は1988年に初めて1千万人を突破した後、一度も1千万人未満になったことがない。住民登録上、ソウルの総人口は依然として1千万人以上である。ソウル市のキム・ヒョンレ新聞チーム長は「人口統計は内国人だけでなく、内外国人を包括して集計するのが普遍的だ。政策サービスの対象は内外国人を区別しないため」と話した。

 しかし、実際にソウルに居住する人口は1千万人未満になっている。全数調査である人口住宅総調査でソウルの人口は、1990年に1060万人で1千万人を突破した後、10年後の2000年にはすでに985万人に減った。常駐人口に最も近いと評価される将来人口推計では、2013年に999万人になり1千万人を割り込んだ。行政資料を活用した登録センサス統計では、2016年末で980万人と推定される。

 結論的にソウル市の人口は、登録上は1千万人以上を維持しているが、実際の居住人口は1千万人以下である。

キム・ギュウォン記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

韓国語原文入力:2017-10-17 16:21
http://www.hani.co.kr/arti/society/area/814826.html 訳J.S(990字)
関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue