登録 : 2017.06.30 04:18 修正 : 2017.06.30 06:39

文大統領、戦闘記念碑に献花 
家族史語り参戦勇士に感謝の意 
「韓米同盟は戦争の中、血で結ばれた」

長津湖戦闘記念碑を訪問した文在寅大統領が28日(現地時間)、米バージニア州海兵隊博物館でスティーブン・オルムステッド元米海兵隊中将(右側)と一緒に、長津湖戦闘記念碑を見学している=大統領府写真記者団//ハンギョレ新聞社
 「長津湖(チャンジンホ)の勇士たちがなかったら、興南(フンナム)撤収作戦の成功がなかったら、私の人生は始まっていなかったはずであり、今日の私もいないはずです」

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領が28日(現地時間)、米国訪問初の日程としてワシントンの米海兵隊博物館にある長津湖戦闘記念碑に献花した。長津湖の戦いは1950年の冬、蓋馬高原(ケマゴウォン)にある長津湖一帯で、中国軍7個師団に包囲された米海兵1師団が悪戦苦闘の末、中国軍の南進を遅らせた戦闘で、連合軍の興南撤収に決定的な貢献をしたと評価される。

 文大統領は、ロバート・ワーク米国防総省副長官やロバート・ネラー海兵隊司令官のほか、興南撤収作戦に関わった関係者と家族らが参加した中で開かれた献花式で、「長津湖の勇士たちの驚くべき闘魂のおかげで、10万人以上の避難民を救出した興南撤収作戦も成功することができた。その時、メレディス・ビクトリー号に乗り込んだ避難民の中には私の両親もいた」とし、長津湖戦闘と興南撤収作戦にまつわる家族史を紹介した。文大統領は、「皆さんの犠牲や献身に対する感謝の気持ちはどんな言葉でも言い表せない。緊迫した瞬間に、多くの避難民たちを北朝鮮から脱出させてくれた米軍の人類愛に深い感動を覚える」として、心から感謝の意を伝えた。

 文大統領はさらに、「大韓民国は皆さんと両親の犠牲や献身を記憶している。韓米同盟はそうして戦争の砲火の中で血で結ばれ、両国国民一人ひとりの人生と強くつながっており、『さらに偉大で強い同盟』に発展するだろう」と強調した。ネラー司令官は記念演説で「文大統領の家族は我が海兵、特に、海兵1師団と個人的な縁を持っている。その縁を大切に思ってくれたことに感謝する」と話した。

 記念演説直後、近くに山査子を一本植えた文大統領は「韓米同盟はこれからさらに生い茂った木のように成長し、統一された朝鮮半島という大きくて充実した実を結ぶだろう」と話した。同日の行事は米海兵隊のフェイスブックを通じて生中継された。中継映像には文大統領の到着と献花、文大統領とネラー司令官の記念演説シーンなどがそのまま流れた。動画は1日で22万人が視聴した。

文在寅大統領が28日午後(現地時間)、訪米初日にボスニア州の米海兵隊国立博物館にある長津湖戦闘記念碑を訪問し、その当時参戦した海兵の興南の撤退の写真を見ながら説明を聞いている=大統領府写真記者団//ハンギョレ新聞社

ワシントン/イ・セヨン記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr)

韓国語原文入力:2017-06-29 22:11
http://www.hani.co.kr/arti/politics/bluehouse/800890.html 訳H.J(1116字)

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue