登録 : 2017.06.23 22:47 修正 : 2017.06.26 08:25

チャン・ウンIOC委員など36人が入国 
茂朱世界選手権大会で公演 
文在寅政権初の南北交流に意味あり 
平昌五輪の南北単一チームなど模索に注目 
 
大会は30日まで87日間熱戦 
183カ国の選手団、1768人が参加

チャン・ウンIOC委員兼国際テコンドー連盟(ITF)名誉総裁(左の白髪)が率いる北朝鮮テコンドー演武団が今月23日午後、ソウル金浦空港を通じて入国し、出迎えた韓国の子供のテコンドー選手たちと共に手を振っている=シンソヨン記者//ハンギョレ新聞社
 国際五輪委員会(IOC)のチャン・ウン委員を代表とする北朝鮮テコンドー演武団が「2017世界テコンドー選手権大会」出席のために23日午後、中国北京を経由して訪韓した。世界テコンドー連盟(WTF)が主管する国際大会のための訪韓だが、文在寅(ムン・ジェイン)政権発足後初の南北交流なので注目を集めている。2018平昌(ピョンチャン)冬季五輪を控え、南北体育交流がどのように展開されるかも関心を引いている。北朝鮮テコンドー演武団の訪韓は、2007年以降10年ぶりのことだ。

 大会組織委員会の説明を総合すると、この日訪韓した北朝鮮の演武団は、チャン委員や国際テコンドー連盟(ITF)のリ・ヨンソン総裁を含めて計36人だ。このうち、ロン・ワイメン、マリオ・ボグダノフ副総裁、マイケル・フルフォム欧州会長とジョージ・ビタリー代弁人などITFの外国人役員4人が含まれた。ITFは北朝鮮が主導するテコンドー関連国際機関だ。残りの29人は実際に示範を披露する北朝鮮選手団と朝鮮テコンドー委員会など体育界の関係者たちだ。

 北朝鮮演武団の団長格であるチャン・ウン委員は、北朝鮮の代表的なスポーツ外交官として、1996年米アトランタの夏季五輪の時にIOC委員に選出された。チャン委員は特にITF総裁として13年間働きながら、南北テコンドー交流の先頭に立ってきた。彼は2000年シドニー五輪当時、キム・ウンヨンIOC委員とともに南北選手団の同時入場を成功させた張本人でもある。

 政府当局者は「北朝鮮演武団の訪韓は世界テコンドー連盟の招請を北朝鮮が受け入れる形で、すでに1カ月以上前に決まったこと」だとし、「世界選手権大会という国際行事を通じての方式ではあるが、文在寅政権発足後初めての南北交流という点で意味がある」と話した。今回、演武団の一行として訪韓した朝鮮テコンドー委員会の役員のうちには、北朝鮮の対南(韓国)機関である祖国平和統一委員会(祖平統)書記局当局者も一部含まれていることが分かった。

北朝鮮テコンドー演武団の女子選手たちが23日午後、中国北京から金浦空港に入国した後、車に乗って手を振っている=カンチャングァン記者//ハンギョレ新聞社
 大会期間のうち、統一部からはチョン・ヘソン次官が24日午後開かれる開幕式を含めた行事に出席する予定だ。統一部当局者は「まだ公式的に北朝鮮側と会う日程が決まったわけではないが、昼食・夕食会などをきっかけに、自然な会合が行われる可能性もある」と話した。

 今回の世界テコンドー大会は183カ国から選手団1768人が参加する最大のテコンドー祭典だ。大会は24日午後4時、全羅北道茂朱郡(モジュグン)のテコンドー園のT1競技場で行われる開幕式を皮切りに、30日まで8日間開かれる。北朝鮮テコンドー演武団は、この日の開幕式(夕方6時予定)と30日の閉幕式(夕方7時40分予定)で公演をする。演武団はまた、26日(午後5時)には、全州市全羅北道道庁、28日(午後4時)にはソウルの国技院でも公演する。4回とも韓国主導の世界テコンドー連盟と同じ舞台に立つ。

 これに先立つ20日、ト・ジョンファン文化体育観光部長官は、南北緊張緩和に向けて北朝鮮の平昌冬季五輪の参加を積極的に誘導すると強力な意志を表明している。ト長官は当時、五輪出場権を獲得した韓国女子アイスホッケーチームに北朝鮮選手の一部が合流する単一チームの構成、北朝鮮内の聖火リレー、北朝鮮応援団招請、北朝鮮の馬息嶺(マシクリョン)スキー場の活用などを具体的に提示した。これと関連して、チャン・ウン委員は記者たちと会い「五輪の南北単一チーム構成や一部種目の分散開催について、メディアで多くの議論がされていることは知っている」と述べながらも、「私は議論する立場にない」と線を引いた。

チョン・インファン記者、茂朱/キム・ギョンム先任記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr )

韓国語原文入力:2017-06-23 21:30
http://www.hani.co.kr/arti/politics/defense/800052.html 訳M.C(1852字)

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue