登録 : 2017.05.01 23:13 修正 : 2017.05.02 21:27

文、40%台の支持率で誤差範囲を超えて首位 
安、討論の不振・保守をつかみ損ね逆風に苦戦 
洪、“割り打ち”で保守層結集させ 
専門家「有権者、戦略的投票よりも 
今度は所信投票する可能性が高い」

 第19代大統領選挙を8日後に控え、大統領選挙の構図が「文在寅(ムン・ジェイン)対安哲秀(アン・チョルス)」の2強構図から「文在寅対安哲秀・洪準杓(ホン・ジュンピョ)」の1強2中体制に急速に再編された。共に民主党の文在寅候補が40%前後の固定支持率を維持する一方、国民の党の安哲秀候補と自由韓国党の洪準杓候補は、保守票心の移動とともに2位争いを繰り広げる様子だ。

国民の党の安哲秀大統領候補が5月1日午後、仁川南区の新世界百貨店の前で開かれた遊説に先立ち、壇上に上がってあいさつしている=仁川/カン・チャングァン記者

 最近の世論調査の結果で、安候補の下落と洪準杓候補の上昇ははっきりしている。「明日新聞」がザ・オピニオンに依頼し29~30日、全国の成人1000人を対象に大統領選挙候補の支持度を調査した結果、文在寅37.3%、安哲秀20.5%、洪準杓15.8%、沈相ジョン(シム・サンジョン)6.9%、劉承ミン(ユ・スンミン)4.9%の順であった。「キリスト教放送」リアルメーターの調査(27~29日)でも、文在寅42.6%、安哲秀20.9%、洪準杓16.7%、沈相ジョン7.6%、劉承ミン5.2%と出ている。文候補が独占的優位を固めた中、安候補と洪候補が誤差範囲内で競争している格好だ(詳しい内容は中央選挙世論調査審議委員会ホームページ参照)。

最近の大統領候補支持度調査(単位:%)//ハンギョレ新聞社
 わずか2週間前まで文在寅候補と首位争いを展開した安哲秀候補の“急落”の原因をめぐり、これまで大統領選挙の結果を左右した「理念」と「地域」の二つの軸が再び作動し始めたという分析が出ている。進歩(文在寅)と保守(洪準杓)の間で、確固たる支持基盤もなく中道を標榜した安候補の立地が狭まるほかないということだ。キム・ヒョンジュン明智大学教授は「安候補は自分の弱点を乗り越えるために『未来』と『統合』などを主張してきたが、フレームの獲得が未熟であり、主要イシューとして打ち出した第4次産業革命なども国民が体感するには曖昧だった」と指摘した。また、保守層を攻略するため、主要な安保イシューで「右寄り」の姿勢を見せたが、結果的には進歩・中道層の従来の支持層を失った。特に、5回にわたるテレビ討論会が支持率急落の決定的な契機を提供したという見方が多い。韓国ギャラップが4月25~27日に実施した調査で、安候補はテレビ討論会以後、イメージが前より悪化したという回答が44%で、主要候補5人の中で最も多かった。匿名を求めた世論調査専門家は「圧縮的に行われる今回の大統領選挙では、テレビ討論会が候補選択の決定的な基準になった」とし、「先月23日の3回目の討論会時、安候補の『甲(カプ)哲秀』(甲は優位の者による横暴の意味)、『MBアバター』(李明博元大統領に代わる者の意味)発言以後、下落傾向が明確になった」と説明した。安哲秀候補陣営関係者は「世論調査は深層の民意を汲んでいない」とし、反騰を信じている。

自由韓国党の洪準杓大統領候補(右)が5月1日午後、全州殿洞聖堂の近くで開かれた遊説で支持者から贈られた種雌鶏を食べている。洪候補の妻のイ・スンサム氏は全羅北道扶安出身だ=全州/聯合ニュース
 一方、洪準杓候補の急浮上は「割り打ち(相手の勢力圏を分割する)戦略」が効果を発揮したことによるものとみられる。「従北左派」、「3%の強硬な貴族労組」などの発言を繰り返しながら、大邱(テグ)・慶尚北道と保守層に浸透していっているということだ。ここへ、最近起こっている外交・安保問題も支持層を結集させているという分析もある。洪候補側は、世論調査結果の公表が禁止される「暗闇選挙」期間(3~9日)の間、安哲秀候補を抜いて「シルバークロス」を成し遂げると判断している。キム・ヒョンジュン教授は「洪候補はフレームづくりに長けている。『暴言』と荒々しくぶっきらぼうな発言に明け暮れているが、終われば残像を残す」と話した。キム教授は「多者構図が続いて大統領選挙の変動性が大きくなり、有権者たちは『(大統領に)なるであろう人を押す』という戦略的投票よりも『私が望む人に投票する』という所信投票に臨む可能性が高い」と話した。洪候補の上昇の勢いが続くだろうということだ。

チェ・ヘジョン記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr )

韓国語原文入力:2017-05-01 21:06修正:2017-05-01 21:23
http://www.hani.co.kr/arti/politics/assembly/793076.html 訳M.C(2025字)

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue