登録 : 2017.03.05 21:53 修正 : 2017.03.06 11:53

ハンギョレ、ハンギョレ経済社会研究院、リサーチプラスの世論調査

「朴槿恵のいない3月、それでこそ春だ!憲法裁判所弾劾認容!朴槿恵拘束!黄教安退陣!第19回汎国民行動」集会が4日夕方、ソウル光化門で開かれ参加者が朴槿恵弾劾を叫んでいる=キム・ギョンホ先任記者//ハンギョレ新聞社
「弾劾認容すべき」75.7%、「棄却すべき」18.6%
「自主辞退しても弾劾審判は継続すべき」63.4%

 憲法裁判所の大統領弾劾審判宣告が差し迫った中で「憲法裁判所が朴槿恵(パク・クネ)大統領を弾劾すべき」と考える国民が「棄却すべき」と答えた人より4倍以上多いことが分かった。

朴槿惠大統領弾劾関連世論調査//ハンギョレ新聞社
 ハンギョレとハンギョレ経済社会研究院がリサーチプラスに依頼して3~4日に行った世論調査の結果、回答者の75.7%が「弾劾すべき」と答え、「棄却すべき」と答えた人は18.6%に終わった。「よく分からない」と答えた人は5.8%であった。

 地域や年齢別に見ても、弾劾に賛成する意見が棄却すべきという意見を圧倒した。弾劾賛成意見がソウルで81.4%(反対14.0%)、光州(クァンジュ)・全羅道94.1%(反対5.3%)で圧倒的に高く現れたが、賛成意見が全国で一番低い大邱(テグ)・慶尚北道でも56.5%で反対意見(37.1%)を上回った。年齢別にも30代の賛成意見が94.5%(反対3.7%)で最も高かったが、60代以上でも賛成意見が47.1%で反対意見(43.2%)より僅差ながら高いことが分かった。

 「朴大統領が憲法裁判所の弾劾審判前に自主的に辞退しても、弾劾審判は継続すべきと考えるか」を尋ねる質問にも、回答者の63.4%は「自主辞退と関係なく続けなければならない」と答え、「弾劾審判は中断すべき」と答えた回答者は32.9%に留まった。

 「朴大統領が憲法裁判所で弾劾される場合、司法処理はどのようにすべきだと思うか」を尋ねる質問には、67.8%の国民が「検察が徹底して捜査し要件が満たされれば拘束すべき」と答えた。「検察が徹底して捜査するものの、拘束はしない方が良い」と答えた人は17.6%であり、「弾劾されれば検察の捜査を中断すべき」と答えた人は9.5%に過ぎなかった。拘束・不拘束と関係なく、弾劾が認容されても検察の徹底した捜査を求める意見は85.4%に達することが明らかになった。

 今回の世論調査は全国の満19歳以上の成人男女1011人を対象に固定、携帯電話面接方式で行われ、標本誤差は95%信頼水準で±3.1%だ。詳しい内容は中央選挙世論調査審議委員会ホームページ(nesdc.go.kr)を参照されたい。

ソク・ジンファン記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

韓国語原文入力:2017-03-05 15:00
http://www.hani.co.kr/arti/politics/assembly/785146.html 訳J.S(1255字)

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue