登録 : 2016.12.27 22:04 修正 : 2016.12.28 05:50

賛成意見381人のうち299人が最終日の23日に 
前日まで反対が63%だったが賛成65%に 
昨年の告示直前にも賛成意見“組織的動員”疑惑

イ・ジュンシク社会副首相兼教育部長官が今月27日、政府世宗庁舎の教育部ブリーフィングルームで、歴史教科書の現場適用方針を発表している/聯合ニュース
 教育部がホームページで国定教科書現場検討本に対する意見集約を受け付けると話した最終日の23日、国定化賛成意見が大量に受け付けられていたことが明らかになった。昨年の国定化告示直前に一部の国定化賛成団体が組織的に動員されて署名を提出したという疑惑が提起されたのに続き、今回の意見集約過程も釈然としないという声があがっている。

 教育部は27日、国定教科書の現場適用方針を発表して「4週間にわたり現場検討本に対するウェブ公開意見収斂の結果、合計3807件の意見が提出されたが、その他の意見として、歴史教科書国定化政策自体に対する賛否意見も1140件(29.9%)が提出された」と明らかにした。さらに教育部は「人数基準では賛成381人(64.7%)、反対208人(35.3%)で、件数基準では賛成911件(79.9%)、反対299件(20.1%)だった」と説明した。

国定教科書廃棄のための教育・市民社会・政治非常対策会議の会員たちが27日午後、国会で記者会見を行い、国定歴史教科書全面廃棄と研究学校政策全面撤回、教育部長官即刻辞退を求めている=カン・チャングァン記者
 教育部の発表資料によれば、国定化に賛成意見を出した381人のうち299人が意見集約の最後日である23日に受け付けられた。件数では911件のうち723件がこの日受け付けられた。21日にイ・ジュンシク教育部長官が国会対政府質問で「国定化反対意見が63%で、賛成意見35%より高かった」と話したが、わずか2日後の最終集計では賛成と反対意見の比率が覆された。

 国会の教育文化体育観光委員会に所属する共に民主党と国民の党の委員はこの日「昨年に続き今回の意見集約でも賛否意見の操作疑惑が繰り返された。これまで教育部の国定教科書推進過程全般に対する調査を進める」と話した。昨年の国定化告示直前には、一部の団体が教育部に組織的大量動員で意見書を提出したという疑惑が起こった。これに対して教育部のパク・ソンミン歴史教育正常化推進団副団長は「副首相が21日に国会で反対意見が多いと答え、マスコミが『1年猶予する』という記事が出たため、国定化に賛成する方々が多く意見を投稿したようだ」と答えた。

キム・ミヒャン記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

韓国語原文入力:2016-12-27 17:07
http://www.hani.co.kr/arti/society/schooling/776310.html 訳J.S(1103字)
関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue