登録 : 2016.12.05 23:03 修正 : 2016.12.06 07:06

「野党勢力総動員体制」突入 
チュ・ミエ、就任100日「弾劾のみに集中」 
ウ・サンホ「計算は賭博師のすること」 
キム・ドンチョル「セヌリは歴史に罪を犯すな」 
パク・チウォン「私たちはルビコン川を渡った」

共に民主党のチュ・ミエ代表と所属議員、党役員が今月5日午後、国会議事堂前の階段でろうそくで「弾劾」という文字を作り、朴槿恵大統領の即刻退陣を要求し「朝露」を歌っている=イ・ジョンウ先任記者//ハンギョレ新聞社
 本軌道に上がった“弾劾列車”が全速力で走り始めた。朴槿恵(パク・クネ)政権の命運を分ける大統領弾劾訴追案の表決を4日後に控えた5日、野党勢力は24時間総動員体制に突入した。野党3党はすべて弾劾の成否を分ける運命の“100時間”に政治生命を賭ける覚悟だ。

 共に民主党のチュ・ミエ代表はこの日、就任100日を迎えて記者懇談会を開き、「憲法上の手続きに従う国政正常化の唯一の解決法は弾劾であり、ひたすら弾劾だけに集中する」として「党内ではすでに(否決されれば)国会を自ら解散しようという覚悟で臨もうという意見も出ている。そんなことまで含めて深刻に悩んでいる」と話した。「弾劾以後」については「ロードマップを持っていない」と付け加えた。採決を控えて背水の陣で臨むという意と見られる。国民の党のパク・チウォン院内代表もこの日「私たちはルビコン川を渡ったし、弾劾の唯一の道だけが残った」として「死を覚悟して総力を傾注する」と明らかにした。

 すでに圧倒的なろうそく集会の民心が確認されただけに、野党は表決のキャスティングボートを握っているセヌリ党議員を水面下で説得しながらも、他方では民心をテコに圧迫している。ウ・サンホ院内代表は「計算は賭博師や評論家のすること」とし「韓国の未来を考える国会議員ならば、弾劾否決は想像もできない筈」と述べた。国民の党の新しい非常対策委員長に任命されたキム・ドンチョル議員は「セヌリ党議員が今からでも弾劾の隊列に参加し、歴史と国民の前に罪を犯さないよう促す」と述べた。

 野党3党は9日の採決に入るまで、国会を24時間稼動させる方針だ。民主党はこの日2時から国会本館中央ホールで「100時間対国民リレー演説」に突入した。議員・党役員が総出動し、各自が1時間ずつ計100時間のネット放送を続ける。トップバッターとして出たキム・ヨンジュ最高委員は、朴大統領に向けて「(弾劾案が処理される)今週金曜日まで、2014年4月16日にそうしたように官邸から出るな」と求めた。

国民の党の所属議員と党役員が今月5日午後、国会本庁前の階段で「朴槿恵大統領弾劾要求大会」を開いている=カン・チャングァン記者//ハンギョレ新聞社

 国民の党はこの日から国会本館前の芝生にテントを設置し、座り込みを始めることにした。「弾劾列車300」と名付けたテントを徐々に国会議員定足数(300人)まで増やす計画だ。イ・ヨンホ院内代弁人は「我が党の議員と地域委員長が座り込みに参加し、8日からは集まってきた市民にも芝生を開放するよう国会議長と事務総長に要請することにした」と説明した。また、国民の党はセヌリ党の弾劾参加を促すため、各自懇意にしている議員に「弾劾の花」を手渡すことにした。

正義党の党員たちが5日午後、ソウル汝矣島(ヨイド)の国会前で「朴槿恵大統領即刻弾劾」を求めて座り込みをしている=シン・ソヨン記者//ハンギョレ新聞社

 国会正門前ですでに指導部を中心に座り込みを始めた正義党も、9日まで「風餐露宿終末座り込み」を続ける。毎晩国民と共にするろうそく集会、リレー時局演説などを行う予定だ。

 野党3党の議員が全員参加する合同議員総会も検討されている。ウ・サンホ院内代表は「各党の事情が異なるため、まだ方案を論議中」と話した。

オム・ジウォン記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

韓国語原文入力:2016-12-05 22:02
http://www.hani.co.kr/arti/politics/assembly/773397.html 訳J.S(1742字)

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue