登録 : 2016.11.04 23:28 修正 : 2016.11.05 06:53

受験生らしい時局宣言
教育放送の教材本文を引用
「国民は自らに服従するのみ」

フェイスブックには「あなたと私の時局宣言」 
#時局宣言 #ロウソク でSNS共有 
街頭集会でなくても日常の中の参加 

オンラインでは時局風刺の「下野歌」 
「君の頭の中は…空っぽに見えた 
想像以上にはるかに、ハヤ、ハヤ、ハヤックナ(「白紙」と「下野」を掛けたもの)」 

中学生も街頭集会 
金堤中の40余名、集会届けを出してから実践 
「怖かったけれど、間違ったことは正さねば」

10月29日、ソウル鍾路区の北仁寺広場で青少年が時局宣言文を朗読している。この日の青少年時局宣言には21世紀青少年共同体「希望」をはじめとする8団体が参加し、中学生27名と高校生142名が署名している//ハンギョレ新聞社
 「『国家は国民によって運営されねばならず、国民は他の誰でもない自らに命令し、服従するのみである』…この提示文は(大学入試のための)『修学能力完成 法と政治』に収録されていて入試に出題されれば正答率80%が予想されるが、朴槿恵(パク・クネ)政権とチェ・スンシル一家はこんな基本的なことさえ否定している」

 大学入試を控えた高校3年の受験生たちが作成した「受験生時局宣言」の一節だ。「霧の国の兎ではなく幾多の浮き草の一本になることを誓って」と題するこの時局宣言文は、生徒たちが教育放送(EBS)の教材の中の本文や収録作品を引用して作ったもの。生徒たちは宣言文を通して「たとえ今すぐ街頭に飛び出すことはできないとしても、この宣言をもって憲法を踏み躪ったチェ・スンシル一家と朴槿恵政権を糾弾し、徹底的な捜査および厳重な処罰を要求する」と明らかにした。彼らはこの11日まで賛同署名を受け付けて正式に時局宣言文を発表する予定だ。

 チェ・スンシル国政壟断の事態を批判し皮肉る日常の中の抵抗が広がっている。街頭集会でなく日常の中で簡単に参加できる形式だ。フェイスブックページ「あなたと私の時局宣言」は、連日続いている時局宣言に参加したい一般市民が先月末に自発的に開設した。市民は「#時局宣言」、「#ロウソク」のようにハッシュタグをつけて時局宣言文を社会関係網サービス(SNS)で共有しながら、地域ごとに次々と開かれているオフラインのロウソク集会参加を勧め合っている。

 オンライン空間には「時局風刺」があふれている。「ランマルコ」というIDを使うあるネチズンは先月30日、「ハヤガ(下野歌)」という歌をユーチューブに掲示した。ソテジの歌 「ハヨガ(何如歌)」をパロディーした 2分38秒ほどのこの歌は「僕には確かにそう見えた。君の頭の中は真白な白紙のようにからっぽに見えたんだ」と始まる。続いて「これほどとは思わなかったが、想像してたよりずっと、ハヤ(「白い」と「下野」を掛けたもの)、ハヤ、ハヤックナ。だからハヤ、ハヤ、ハヤしなさい」、「スンシルだけでいっぱいの君はもう資格がないから、ハヤ、ハヤ、ハヤして」と、大統領の下野を促す。第2節では批判の強度を高めて「これほどとは思わなかったが、もう私の胸は真黒にタネ(「焦げる」と「弾劾」を掛けたもの)、タネ、タネク(弾劾)しろ」と歌い、「スンシルマン(「スンシルだけ」と「純失望」とを掛けたもの)でいっぱいのクネ、もう捨てるしかない。タネク(弾劾)をやってみろ」と弾劾を要求した。大学街を中心に現時局を迂迴的に批判した 「公主(王女)伝」(延世大)、「是日也放声大哭」(訳注:1905年に日本が韓国の外交権を奪った乙巳条約の不当性を批判して張志淵(チャン・ジヨン)が『漢城新聞』に掲載した有名な論説の題と同じである)(成均館大)、「朴公主に捧げる詩」(高麗大) などの風刺文も一斉に発表されている。

 全羅北道金堤(キムジェ)では中学生までロウソクデモに出た。全北金堤中学校3年のチョ君(15)など金堤地域の中学生40人余りは 2日午後 6時、金堤市のホームプラス前で朴槿恵大統領の下野、責任者処罰、関係者の真の謝罪を要求した。チョ君は「警察署へ行って集会申告をして街頭に出るまでの過程は怖かったけれど、間違ったことは正さなければならないと思って、考えの合う友人たちと一緒に始めた。二日間の集会デモ申告をしたが、朴槿恵大統領が責任ある行動を見せるまで多様な方式で行動を続けるつもりだ」と話した。チョ君は集会申告の目的欄に「民主主義国家で国民が大きな声を上げたら国家は国民を恐れなければならない」と書いた。生徒たちは「朴槿恵政権退陣」を要求する小型プラカードと拡声器を持って3キロメートルほどの街頭行進もした。金堤中のキム・シウン教頭は「チョ君が担任を通じて学校にあらかじめ集会の事実を知らせてくれた。中学生の身分にふさわしい範囲で集会をするように頼んだ」と述べた。

コ・ハンソル、パク・スジン記者、金堤/パク・イムグン記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr)

韓国語原文入力: 2016-11-02 19:32

原文: http://www.hani.co.kr/arti/society/society_general/768535.html 訳 A.K

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue