登録 : 2016.01.24 01:27 修正 : 2016.01.25 05:27

25日から無期限一斉ストライキ突入

民主労総の組合員が23日午後、「労働改悪阻止! 政府指針粉砕! 一斉ストライキ宣言大会」のためにソウル駅頭での事前集会を終え、行進してソウル広場に入っている =イ・ジョンヨン先任記者//ハンギョレ新聞社

 全国民主労働組合総連盟(民主労総)が労働市場構造改編の中断と政府の「二大指針」発表に反発し無期限一斉ストライキに出ることにした。

 民主労総は23日午後、ソウル中区のソウル広場で一斉ストライキ宣言大会を開き、25日から無期限一斉ストライキに突入すると宣言した。 零下10度を超える厳しい寒さにもかかわらず民主労総組合員とソウル駅広場で合流した龍山惨事7周年追慕大会参加者ら5000人余(警察推算3000人)が集会に参加して、前日に雇用労働部が発表した「低成果者解雇・就業規則変更要件緩和」行政指針に反対の声を上げた。 民主労総は「政府の労働改悪行政指針発表は一方的行政独裁であり、常時的に容易な解雇と就業規則改悪を可能にする労働災難」とし「一斉ストライキ闘争で対抗する」と明らかにした。

 民主労総は午後3時にソウル駅広場に集結しソウル広場まで行進した後、午後4時にチェ・ジョンジン民主労総委員長職務代行が一斉ストライキを宣言して本大会が始まった。 組合員たちは「勝手に解雇、勝手に就業規則改悪、闘争でぶっつぶせ」という横断幕と「政府指針粉砕」、「労働改悪阻止」と書かれたプラカードを掲げた。

民主労総の組合員たちが23日午後「労働改悪阻止! 政府指針粉砕! 一斉ストライキ宣言大会」のためにソウル駅頭で事前集会を終え行進してソウル広場に入っている =イ・ジョンヨン先任記者//ハンギョレ新聞社
民主労総の組合員たちが23日午後、ソウル広場で「労働改悪阻止! 政府指針粉砕! 一斉ストライキ宣言大会」を開いている =イ・ジョンヨン先任記者//ハンギョレ新聞社

 この日の集会には逮捕拘束されたハン・サンギュン民主労総委員長に面談した国際統合製造産別労連(IAGU)のモニカ・ケンペール事務副総長も参加し「今私が寒いと感じる理由は低温のためではなく、韓国政府の労働者に対する態度のため」とし「このような寒さはこの場に集まった人々との連帯を通じて克服することができる」と話した。 ソウル広場近隣の元国家人権委員会建物の屋上にある広告塔で高空籠城を行っている起亜自動車華城支部社内下請分会のチェ・ジョンミョン代議員とハン・ギュヒョプ氏も発言に立ち「私たちを75メートル上に追いたてたチョン・モング会長と現代財閥を助けるために朴槿恵(パククネ)政権が解雇法をゴリ押ししている」とし「不法派遣判定を受けても法を守らず、命を賭けて高空籠城しても法を守らないのに、一般解雇法をすれば非正規労働者を保護すると言うのか」と反問した。

「労働改悪阻止! 政府指針粉砕! 一斉ストライキ宣言大会」が開かれた23日午後、ソウル広場集会舞台の大型画面に起亜自動車支部華城支部社内下請分会のチェ・ジョンミョン代議員(45)とハン・ギュヒョプ氏(41)が映っている =イ・ジョンヨン先任記者//ハンギョレ新聞社

 前日、雇用労働部が記者会見を行い二大指針を発表すると、民主労総はその日午後に非常中央執行委員会を開き、25日正午から一斉ストライキに突入することを議決した。民主労総は今週末にも都心で集中集会を開く計画だ。

コ・ハンソル記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

韓国語原文入力:2016-01-23 18:27
http://www.hani.co.kr/arti/society/society_general/727548.html 訳J.S(1572字)

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue