登録 : 2015.12.12 08:01 修正 : 2015.12.12 08:01

安哲秀元新政治民主連合代表が6日午前、国会正論館で記者会見を開き、革新党大会開催を重ねて提案し「これ以上なんの要求もしない」と文在寅代表に向け最後通牒を出している=イ・ジョンウ先任記者
安哲秀議員、13日に去就表明会見
首都圏・湖南で一部同伴する可能性
文在寅代表は重鎮の仲裁案拒否
側近は逆に「重鎮勇退論」を提起

 「革新党大会」の提案が拒否され、最後通牒を出した後、姿を現さずにいた安哲秀(アン・チョルス)新政治民主連合議員が離党を進め、13日に進退の立場を明らかにする。安議員に近いある人物は「安議員は離党の決心を固めた」と伝えた。野党陣営の大統領選候補者の一人である安議員が離党を決行すれば、第1野党の分党が現実となり、総選挙を4カ月後に控えた野党勢力は、大きな渦に巻き込まれるものとみられる。

 安哲秀議員室は11日、メールを通じ「13日午前11時、国会正論館で党内の懸案関連の記者会見をする」と明らかにした。安議員に近い新政治民主連合関係者は「安議員が姿を現さなくなって5日が過ぎた10日、離党の最終決定を下し、某所に滞在して核心参謀らとともに離党宣言文に盛り込む内容を構想中」と伝えた。安議員は6日、離党を示唆する最後通牒ともとれる記者会見をした後、文在寅(ムン・ジェイン)代表の対応と党内外の反応を見守り「党に残ることに意味はない」と判断し、離党会見日時を日曜日の13日午前に決めたと同関係者は伝えた。12日には、安議員の地域組織責任者がソウルに集まり、離党以降の進路について討論する。全羅道地域で活動する安議員の側近は「決意を固めた後の計画を共有するレベルだ。安哲秀議員が出席するかどうかはまだ決まっていない」と話した。

 安議員の離党直後、新政治民主連合では一部の議員が離党を宣言する可能性が高い。首都圏ではムン・ビョンホ議員、全羅道ではユ・ソンヨプ議員やファン・ジュホン議員などの名が取り上げられている。ユ議員とファン議員は12日午後に会合を持ち、進路を話し合うことにした。

 安議員に近い新政治民主連合関係者は「時差を置いて首都圏と全羅道で追加離党者が出るだろう」と伝えた。安議員は離党した後、湖南(全羅道地域)や首都圏の新政治民主連合の離党派と、キム・ソンシク元議員など安哲秀新党勢力を糾合して、新党発足を推進する可能性がある。安議員側は新党結成後、チョン・ジョンベ議員の国民会議(仮称)などと連携して勢力を育てた後、'意味ある第3勢力として、セヌリ党と新政治民主連合と3党の構図を形成し、総選挙に乗り出す計画だという。

 これに先立ち文代表は同日、「安哲秀議員と協力して非常対策委員会を構成した後、党大会問題を決定すべき」とする党内の重鎮議員たちの仲裁案を拒否した。3回当選以上の重鎮議員15人は同日午前に会合を持ち、「文・安」が協力する中、非常対策委を早期に構成し、非常対策委が全党大会開催問題を協議して決定できる仲裁案を提示した。文代表の意思を代弁してきたチェ・ジェソン総務本部長は同日午前に重鎮会合が終了した後、「政治責任を取らねばならないでしょう。もし勇退したり、そういった献身があるなら真意が理解できない」と重鎮たちの面前で“重鎮勇退論”を提起した。

イ・セヨン ソン・ギョンファ記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr )

韓国語原文入力:2015-12-11 22:18

http://www.hani.co.kr/arti/politics/assembly/721535.html?_fr=mt1訳Y.B

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue