登録 : 2015.08.25 23:27 修正 : 2015.08.26 06:58

 南北会談妥結後、朝鮮中央テレビで会談の経緯と内容を説明<br> 「合意は我が軍と人民の原則的闘争と努力の結果」

キム・クァンジン大統領府国家安保室長とファン・ビョンソ北朝鮮人民軍総政治局長が25日未明、板門店平和の家で南北高位級会談共同合意文に合意し握手している =統一部提供//ハンギョレ新聞社

 ファン・ビョンソ北朝鮮人民軍総政治局長が25日、「今回の南北高位級緊急接触を通じて、南朝鮮当局は根拠のない事件を作り上げて一方的に引き起こした事態を、一方的に判断し、一方的な行動で相手側を刺激する行動を行えば、情勢を緊張させるのみで、あってはならない軍事的衝突を呼び起こすという深刻な教訓を得ただろう」と明らかにした。

 ファン局長はこの日、南北高位級会談妥結後、朝鮮中央テレビに出演し会談の経緯と内容を説明しながらこう話した。

 ファン局長はまた「今回の南北高位級緊急接触で行われた合意は、南北間の軍事的対決と衝突を防ぎ、緊張を緩和して南北関係を改善しようとする我が軍と人民の原則的な闘争と誠意ある努力の結果」と強調した。

 ファン局長は続けて「我々は今回共同の努力で南北関係改善の新たな雰囲気が用意されたことを幸いと考え、南側当局が今回の南北高位級緊急接触でなされた合意の精神に真剣な姿勢で向かい、その履行に積極的に取り組むことにより南北関係の発展に実質的に尽くすことを願う」と明らかにした。

デジタルニュースチーム(お問い合わせ japan@hani.co.kr )

韓国語原文入力:2015-08-25 20:14
http://www.hani.co.kr/arti/politics/politics_general/705923.html 訳J.S(752字)

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue