登録 : 2015.07.26 21:42 修正 : 2015.07.27 07:44

 最後の自宅隔離者27日午前0時に解除
 対策本部が発表...公式宣言は8月末頃に

MERS事態にともなうサムスンソウル病院の部分閉鎖措置が解除された20日午前、同病院の医療スタッフを励ます電光掲示板の下を患者の家族が通る。同病院はMERS感染者が続出し6月13日から部分閉鎖された=イ・ジョンヨン先任記者//ハンギョレ新聞社
 中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルスの感染で、最後の自宅隔離者が27日午前0時に隔離解除されることを受け、政府が28日、事実上の「MERS終息宣言」を行う見込みだ。自宅、病院、施設隔離などMERS関連の隔離対象者数は、最初のMERS感染者が発生した5月20日の3人から、6月16日には6729人まで跳ね上がったが、着実に減少してきた。

 保健福祉部の中央MERS管理対策本部関係者は26日、「最後の1人となったMERS自宅隔離者に対する隔離が、27日午前0時に解除される」と明らかにした。これは、MERS感染の危険があると疑われる患者がこれ以上いないことを意味する。このため、政府は28日、ファン・ギョアン首相主宰で「MERS対応汎政府対策会議」を開き、後続措置などの内容を盛り込んだ国民向けメッセージを発表する計画だ。中央MERS管理対策本部関係者は、「まだ最終的に確定されていないが、首相主宰の対策会議後『一般国民は、支障なく日常生活に戻っても良いだろう』という趣旨の内容が国民向けメッセージに含まれるだろう」と述べた。

 ただし、28日に発表される政府の国民向けメッセージは公式のMERS終息宣言ではない。これに先立ち、世界保健機関(WHO)は、最後の患者の完治(遺伝子検査で2回の陰性判定)を確認してから28日後にMERS終息を公式宣言することを、韓国政府に勧告した。まだ遺伝子検査で陰性判定を受けていない患者が1人残っており、早くければ8月頃になってようやく公式の終息宣言が可能になる見込みだ。

 MERS新規感染者は今月4日以来、22日間出ていない。MERS確定患者のうち12人がまだ入院治療中だ。このうち1人はまだMERS遺伝子検査で陽性反応を見せており、残りの11人はいずれも陰性判定を受けた。ただし、これらの11人は肺炎などで追加治療が必要となっており、入院治療を受けている。今までMERS確定判定を受けた患者186人のうち138人(74.2%)が完治されて退院し、36人(19.4%)が死亡した。

パク・スジ記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr )

韓国語原文入力:2015-07-26 20:08

http://www.hani.co.kr/arti/society/society_general/701855.html 訳H.J

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue