登録 : 2017.11.03 01:08 修正 : 2017.11.03 05:57

「中朝両党・両国の友好交流の伝統は平和・安定に役立つ」

北朝鮮の金正恩労働党委員長と中国の習近平国家主席(右)//ハンギョレ新聞社
 中国の習近平国家主席が北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長に送った答電と関連し、中国当局が金委員長を「同志」と呼び、「礼を尽くしたまで」という立場を示した。

 中国外交部の華春瑩報道官は2日の定例記者会見で、最近閉幕した中国共産党第19回全国代表大会(党大会)と関連して、北朝鮮労働党と金正恩委員長が祝電を送ったことに触れ、「習近平主席は答電を送って感謝の意を表した。中国と朝鮮(北朝鮮)は隣国であり、中国は朝鮮共に両党、両国間の伝統的友好関係を発展させていくのことを望んでいる」と明らかにした。祝典の意味を問う質問が続くと、華報道官は「第19回党大会の成功的開催と関連し、数多くの国や政党の指導者、国際機構の責任者らから祝電と祝賀書簡が届いた」とし、「礼儀上、我が国の指導者も返信することでに感謝の意を表した。習近平主席は、金正恩同志にも感謝を示した」と述べた。

 北朝鮮に党大会の説明のための代表団が派遣されるかどうかを問う質問に、華報道官は「中国と朝鮮との両党両国間友好的交流を維持する伝統は、中国と朝鮮双方の利益に合致しており、地域平和と安定を守るためにも役立つ」とだけ言及し、「党との交流や代表団を送るかについては提供できるニュースがない」と線を引いた。宋涛中国共産党対外連絡部長は最近、党大会の結果を説明するため、ベトナムやラオスを訪問した。華報道官はまた、ドナルド・トランプ米大統領の中国訪問などとの関連性を問う質問に対し、「具体的な訪問などとは関係がない」と一蹴した。

 習主席が答電で「中国側は朝鮮側と共に努力し、両党、両国関係が持続的に健全で安定的に発展するできるよう」と述べたことをめぐり、中朝関係を「党対党」ではなく、「政府対政府」の関係に導いていこうとするシグナルではないかという質問もあったが、華報道官は「実際、中朝はこれまで通り正常な交流を維持している」とし、従来の立場を再確認した。

北京/キム・ウェヒョン特派員 (お問い合わせ japan@hani.co.kr)

韓国語原文入力:2017-11-02 17:50
http://www.hani.co.kr/arti/international/china/817223.html 訳H.J(1046字)
関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue