登録 : 2017.09.22 04:07 修正 : 2017.09.22 07:58

韓中外相会談で…中国が密貿易を認めたのは極めて異例 
「対話努力の継続」強調…韓国に基調転換の圧力も 
ロイター通信「人民銀行、北朝鮮との新規取引中断の公文書」  
トランプ大統領の参謀たちは「露骨な演説」の収拾に奔走 
米国連大使「大統領は戦争を望まない」

カン・ギョンファ外交長官(左)と中国の王毅外交部長が今月20日(現地時間)、米ニューヨークで行われた韓中外相会談で、平昌冬季五輪マスコットを持ってポーズを取っている/聯合ニュース
 中国の王毅外交部長が20日(現地時間)に行われた韓中外交長官会談で、中朝間の密輸取締りを強化すると明らかにした。中国は国連決議を忠実に履行するという立場を表明してきたが、制裁の“穴”とされる密貿易まで取り締まりを強化する方針を公式的に明らかにしたのは極めて異例だ。

 王部長は、国連総会を機に、米国ニューヨークで開かれたカン・ギョンファ外交部長官との会談で「中朝間の密輸取り締まりの強化などを通じて関連安保理決議を徹底して全面的に移行していくことを確認した」と、外交部が21日に伝えた。王部長はさらに、「同時に、対話と交渉を通じた問題解決のための努力も続けていくべきだ」と強調した。

 成均館中国研究所のヤン・ガプヨン研究室長は「中国はこれまで朝中間密輸という表現を公式的に使ったことがなく、密輸自体も認めなかった」とし、「(王部長の言及は)非公式的な交易も取り締まるという意味」だと解釈した。亜州大学中国政策研究所のキム・フンギュ所長も「民生への影響が大きく、公権力の動員が容易でない密貿易に対する言及は、『ループホール』(loophole・穴)と国際社会から非難されてきた部分まで妨ぐことで、国連決議を徹底的に履行するという表現」だと話した。

 「密輸の取り締まり」で韓米の批判を先制的に遮断すると共に、「対話と交渉」を強調したのは、韓国に対する圧迫の側面もあるものとみられる。これを通じて、米国と歩調を合わせ、対北朝鮮強硬メッセージを相次いで発信する韓国政府に基調の転換を要求することもできるからだ

 同日、「ロイター通信」は、中国中央銀行の人民銀行が北朝鮮の新規顧客との取引を中断し、既存の貸付も縮小するという指針を各都市銀行に出したと報じた。同通信は、人民銀行が「北朝鮮関連事業は、国家レベルの政治的、安保的問題となった」という内容の公文書を今月18日に送ったたと伝えた。公文書には「当行は国連制裁を履行して国際的義務を遵守するために北朝鮮と関連したいかなる取引も拒否する」と、北朝鮮人に説明すべきという指針も含まれているという。これ以前にも、中国の銀行が北朝鮮側と新規取引に躊躇しているという報道が相次いだ。

 一方、「北朝鮮の完全破壊」などの露骨な発言をしたドナルド・トランプ大統領の19日の国連総会基調演説に対する米国内外の批判に、参謀たちは20日にも収拾に奔走した。米国のニッキー・ヘイリー国連大使はCBS放送に出て、「戦争を望む人は誰もいない。トランプ大統領も戦争を望まない」と強調した。彼女は「北朝鮮核問題を対話と制裁を通じて解決しようと努力してきた。できるすべての外交的努力を行ってきた」としたうえで「それを諦めることはないだろう」と明らかにした。さらに、「今できるのは、金正恩(キム・ジョンウン)が(緊張を高める行為)やめなければ、発生しうることを理解させること」だと述べた。ジェームズ・マティス国防長官も「同盟国と我々自身を防衛するために軍事オプションを準備せざるを得ない憂鬱な現実も認めなければならない」としながらも、「依然として外交的努力が(北朝鮮核問題の解決策を)優先されている」と説明した。

 国連総会基調演説を行うため同日、米国にきたリ・ヨンホ北朝鮮外相はトランプ大統領の国連演説を「犬の吠え声」と批判したと、海外メディアは伝えた。

キム・ジウン記者、ワシントン/イ・ヨンイン特派員(お問い合わせ japan@hani.co.kr)

韓国語原文入力:2017-09-21 22:14
http://www.hani.co.kr/arti/international/america/811973.html 訳H.J(1802字)

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue