登録 : 2016.05.02 23:11 修正 : 2016.05.03 06:24

平均年齢59.8歳、若干若返り 
ソウル大出身が44.7%で最多

名門大学のソウル大(左から)、延世大、高麗大のロゴ//ハンギョレ新聞社
 国内100大企業の最高経営者(CE0)の平均年齢は59.8歳、出身地域はソウルが最も多いと調査された。

 2日、月刊「現代経営」が今年100大企業の最高経営者139人のプロフィールを調査したところ、平均年齢は59.81歳で、昨年(59.92歳)に比べて若干若返ったことが分かった。

 出身高校は京畿高(11人)が最も多く、次いでソウル高(9人)、景福高(8人)、龍山高(7人)、普成高(5人)、慶北高・中央高(各4人)の順だった。 出身大学はソウル大45人(32.6%)、高麗大23人(16.7%)、延世大15人(10.9%)の順だった。 この3大学(SKY)出身の比率は60.2%で、昨年(62.4%)に比べて2.2%減った。 次いで漢陽大(10人)、韓国外大(6人)、成均館大・仁荷大(各3人)、西江大・嶺南大・中央大(各2人)の順だった。

 出身地域別では、ソウルが55人(44.7%)で最も多く、慶尚北道14人、釜山8人、慶尚南道・大邱が各6人、京畿道・忠清北道が各5人、忠清南道4人、江原道・仁川が各3人、光州・全羅南道・全羅北道が各2人、済州・日本が各1人と集計された。

 「現代経営」は今年の「100大企業CEO標準モデル」としてキム・ジョングンSKガス社長とサムスン電気のイ・ユンテ社長を選んだ。 59歳のキム社長は聞慶高、高麗大経営学科を出て1983年にSKに入社し、2014年入社31年目にして代表理事になった。 56歳のイ社長は、浦項高とソウル大電気工学科を卒業し、1985年にサムスングループに入社し29年ぶりの2014年に代表理事の席に上がった。

ホン・テソン記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

韓国語原文入力:2016-05-02 20:22
http://www.hani.co.kr/arti/economy/economy_general/742227.html 訳J.S(868字)

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue