登録 : 2017.11.13 05:43 修正 : 2017.11.13 06:58

レーガン号、ルーズベルト号、ニミッツ号…韓国海軍と合同訓練

今月12日、米国の原子力推進空母3隻が東海上の韓国作戦区域(KTO)に進入し、韓国海軍の艦艇と合同訓練を行っている。同日の訓練には韓国海軍から世宗大王艦など6隻、米海軍から空母3隻を含め、計9隻が参加した=米国第7艦隊フェイスブック//ハンギョレ新聞社
 米国海軍の航空母艦3隻が12日、東海上における「韓国の作戦水域」(KTO)に進入し、韓国海軍の艦艇と合同演習を行った。

 軍当局者は同日、「ロナルド・レーガン号(CVN 76)、セオドア・ルーズベルト号(CVN 71)、ニミッツ号(CVN 68)など、米空母3隻が順次東海の韓国側の作戦水域に進入し、韓国海軍と合同演習を実施した」と話した。韓国の作戦水域区域とは、韓米連合司令官が軍事作戦上の必要のため、領海の外の海上に宣言した区域で、おおむね韓国防空識別圏(KADIZ)と重なるとされる。

 空母3隻のうち1隻は、すでに前日に韓国の作戦水域に入って滞在しており、残りの2隻は日本の作戦水域で日米連合海上訓練を終えて同日午後、韓国の作戦水域に進入した。

 韓国海軍は14日まで行われる今回の訓練に世宗(セジョン)大王艦などイージス駆逐艦を含む艦艇7隻を参加させている。韓国海軍が米空母3隻と合同訓練を行ったのは創軍以来初めてのことで、北朝鮮に対する強力な武力誇示の意味があると見られる。米空母3隻の同時訓練も、2006年と2007年グアム近隣の海域で実施されて以来、10年ぶりのことだ。

パク・ビョンス先任記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr )

韓国語原文入力:2017-11-12 22:05
http://www.hani.co.kr/arti/politics/defense/818607.html 訳H.J(797字)
関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue