登録 : 2017.05.09 04:58 修正 : 2017.05.09 14:54

補欠選挙のため投票2時間増える 
記票が候補者欄から外れても 
他の候補者の欄にかかっていなければ有効 
 
開票めぐる論議無くそうと計数器のスピード下げて 
1分当たり300枚→150枚で肉眼で確認できるように

投票所//ハンギョレ新聞社
 まだ、有権者3140万7400人の選択が残っている。1100万人以上が参加した期日前投票に続き、第19代大統領選本投票日の9日午前6時から夕方8時までの14時間、全国1万3964の投票所の投票箱は開いている。

■午後8時まで投票、身分証明書を必ず持参

 大統領の弾劾に伴い7カ月繰り上げて行われる今回の大統領選挙は、補欠選挙であるため、投票締め切り時間が午後6時から夕方8時に2時間延長される。休日勤務(韓国では投票日は公休日となる)をした場合も、急げば仕事を終えてから投票できる。投票所には住民登録証、運転免許証、パスポートなど身分証明書を必ず持参しなければならない。国家機関が発行した資格証や私立学校の学生証でも添付された写真を通じて本人確認が可能であれば投票できる。期日前投票とは異なり、投票案内文で通知した自分の住所地管轄の投票所でなければ投票できない。投票所の位置は中央選挙管理委員会のホームページ(nec.go.kr)で確認できる。

■選挙管理委員会の記票印以外の表示は無効

第19代大統領選挙の投票・開票日程//ハンギョレ新聞社
 投票所で選管が提供した記票印以外の道具を使ったり、記票すると、無効票として処理される。今回の大統領選挙は候補が15人(辞退2人含む)もいるため、記票欄の縦の長さが第18代大統領選挙の時より3ミリ狭い。記票印の大きさも3ミリ小さく作られたが、注意が必要である。ミスをしても、次の場合には有効票として処理される。自分の投票しようとする候補者の欄から一部はみ出しているが、他の候補者の欄にはかかっていない場合▽手についたインクが他の候補者の欄についた場合▽正しく記票したが、投票用紙を折る過程で、他の候補者の欄にかすかに印の跡などがついた場合だ。一方、二人の候補者の欄にわたって記票した場合▽正しく記票したが、投票用紙の余白に「公明選挙」などの文字を記入したり、○×などの表示をした場合▽投票印を使用せず、指印を押したり(ただし、居所投票は除外)サインをした場合は無効処理される。

■1時間単位で、投票率を公開

 期日前投票が26.06%の高い投票率を記録したことで、本投票率にも注目が集まっている。中央選挙管理委員会は午前7時から1時間単位で全国投票率をホームページを通じて公開する。期日前投票と在外投票(約22万人が投票)、居所投票(10万人が申請)、船上投票(約4千人が対象)の投票率を合わせた全国投票率は午後1時から公開されるが、その前までは全国投票率に「26.1%」程度を加えて計算すれば、現在の投票率を知ることができる。

大統領選挙の投票手続き//ハンギョレ新聞社

■夜11~12時には当選有力が明らかに?

 大統領選挙候補や有権者らが最も注目している当選者の輪郭はいつ頃分かるか。李明博(イ・ミョンバク)候補が大きくリードしていた2007年の大統領選挙では夕方7時55分に、文在寅(ムン・ジェイン)・朴槿惠(パク・クネ)候補が超薄氷の勝負を繰り広げた2012年の大統領選挙では、夜8時40分頃に当選有力の速報が流れた。ハンギョレが運営するソーシャル・ネットワーキング・サービス(facebook.com/hankyoreh、facebook.com/polibar21)とホームページ(hani.co.kr)には9日夜11~12時の間に「○○○の当選が有力」という速報が流れる可能性が高い。投票時間の延長に伴い開票時間が遅くなっており、投票用紙の長さが第18代大統領選挙の時の15.6センチ(候補7人)から28.5センチ(候補15人)になったため、投票用紙の分類機処理速度も1分当たり310枚から190枚に、急激に減少したからだ。また、開票の不正疑惑を遮断するために、候補別投票用紙を数える審査計数機のスピードを肉眼で確認できるレベル(1分当たり300枚→150枚)に下げた。市民団体の妥当な異議提起がある場合にも、開票が中断される可能性がある。

 このような要因を考慮しても、10日午前零時前に各候補と支持者らの歓声とため息がハッキリ聞こえるものとみられる。

キム・ナムイル記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr)

韓国語原文入力:2017-05-08 22:06
http://www.hani.co.kr/arti/politics/politics_general/793913.html 訳H.J(1991字)

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue