登録 : 2017.04.17 00:00 修正 : 2017.04.17 07:59

太陽節記念軍事パレードで各種ミサイル行進 
新型は米本土まで到達可能と推定 
潜水艦発射SLBMも公開 
円筒中に実際搭載ミサイルがあるかは確認されず

 北朝鮮が15日の軍事パレードで、新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)と推定されるミサイルを公開した。16日には、弾道ミサイル1発を発射した。米国のドナルド・トランプ政権の軍事的圧迫に屈せず、立ち向かうという意志を示したものと見られる。
故金日成主席の105回目の誕生日(太陽節)の今月15日、平壌の金日成広場で行われた閲兵式に登場した新型ミサイルを、北朝鮮の「労働新聞」が報道した。このミサイルは大陸間弾道ミサイル(ICBM)と推定される/聯合ニュース

 北朝鮮は15日、平壌(ピョンヤン)の金日成(キム・イルソン)広場で故金日成主席の105回目の誕生日(太陽節)記念軍事パレードを行った。同日午前10時5分(韓国時間)頃から官営「朝鮮中央テレビ」が生中継した閲兵式で、北朝鮮は円筒型発射管に入った新型大陸間弾道ミサイルと推定されるミサイルを、大型トラックに載せて披露した。このミサイルは公開されたことがない新しい種類だ。軍消息筋は「これまで公開された大陸間弾道ミサイルのKN-08やKN-14よりも、長いものとみられる。新型大陸間弾道ミサイルとみられる」と話した。北朝鮮はまた、KN-14と推定されるミサイルも移動式発射車両(TEL)に載せて公開した。KN-14はKN-08の改良型と推定されるミサイルで、2015年10月の労働党創建70周年行事で公開された。北朝鮮はまた、昨年8月に試験発射した潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)「北極星」(KN-11)と今年2月に試験発射を行った固体燃料の弾道ミサイル「北極星-2型」(KN-15)、スカッドER(射程拡張型)も同日のパレードで初めて公開した。

 チェ・リョンへ労働党中央委員会副委員長は記念演説で「米国の新政権は、主権国家に対する軍事的攻撃を絶えず強行し、世界の平和と安全を深刻に脅かしている」としたうえで、「全面戦争には全面戦争で、核戦争にはわれわれ式の核打撃戦で応戦する」と話した。戦略兵器を誇示し、米国の対北朝鮮圧迫に立ち向かうという意志を示したものだ。

故金日成主席の105回目の誕生日(太陽節)の今月15日、平壌の金日成広場で行われた閲兵式に登場した新型ミサイルを、北朝鮮の「労働新聞」が報道した。このミサイルは潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)「北極星」(KN-11)と推定される/聯合ニュース
 同日の軍事パレードでは新型大陸間弾道ミサイルと推定されるミサイルが注目を集めた。外観が最近配備されたロシアの新型大陸間弾道ミサイル「トーポリM」と類似しており、米本土まで届く大陸間弾道ミサイルと推定された。しかし、円筒型発射管の中にどのようなミサイルが搭載されたか確認されていないため、実際の能力を疑問視する声も上がっている。

 主席壇には粛清説がささやかれたキム・ウォンホン国家保衛相が大将(星4つ)階級章をつけ、チェ・ブイル人民保安相とユン・ジョンリン護衛司令官の間に座っている姿がテレビカメラにとらえられた。キム・ウォンホン保衛相は今年1月に大将から小将(星1つ)に降等された後、解任されたと、統一部が発表したが、同日の登場で事実ではない可能性が提起された。

 北朝鮮は16日午前6時20分に咸鏡南道新浦(シンポ)一帯でミサイル1発の発射を試みたが、失敗したと見られると合同参謀本部が明らかにした。軍当局者は「ミサイルは発射直後に空中爆発してミサイル機種の識別が今のところ難しい。さらに分析してみる必要がある」と話した。

パク・ビョンス先任記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr)

韓国語原文入力:2017-04-16 22:26
http://www.hani.co.kr/arti/politics/defense/790967.html 訳H.J(1567字)
関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue