登録 : 2017.04.03 02:09 修正 : 2017.04.03 16:09

[大統領選挙D-36、ハンギョレの世論調査]

政党支持度(調査機関:MRCK)//ハンギョレ新聞社
 第19代大統領選挙を30日後に控えて各党の大統領選候補らが事実上確定した中、「どんな」支持者らが各候補を「なぜ」選択するかに、注目が集まっている。共に民主党の文在寅(ムン・ジェイン)元代表と国民の党の安哲秀(アン・チョルス)前代表、自由韓国党の洪準杓(ホン・ジュンピョ)慶尚南道知事など各党の大統領選挙候補者らの性向同様、彼らを支持する理由も大きく分かれている。

 ハンギョレとハンギョレ経済社会研究院が世論調査機関のMRCKに依頼し、3月30日から4月1日まで、全国の成人男女1512人を対象に調査した結果によると、自由回答で文在寅元代表を支持する理由を尋ねたところ、「政権交代をしなければならないから」(9.8%)が最も多く挙げられた。さらに、「他の候補より優れているから」(7.3%)、「共に民主党を支持するから」(7.0%)、「信頼できるから」(6.3%)などの回答がその後を続いた。「朴槿恵(パク・クネ)・チェ・スンシルゲート」が原因で行われる早期大統領選挙であるだけに、“不動の1位”文元代表による政権交代の可能性が高いという点を有権者が高く評価しているのだ。また、共に民主党に対する支持が大統領選候補支持につながり、支持層が“勢力”として固まっている。

候補別に支持する理由を調査した結果 
 
文候補には“不動の1位”が高く評価され 
共に民主党支持が候補支持に 
 
安候補には「正直」「清廉」などが好感 
50~60代の支持率では文を上回る 
 
洪候補、40代以下では2~3%台の支持 
60代以上では22%に急上昇

 一方、安哲秀前代表を支持する理由としては、「斬新だから」(7.9%)、「正直だから」(6.1%)、「清廉だから」(5.9%)などの回答が多かった。安哲秀候補“個人”に対する有権者の好感度が高いということだ。その反面、安前代表を支持する理由で「政権交代」、「国民の党を支持するから」などの答えはそれぞれ0.9%、1.0%に止まった。文元代表が「斬新だから」(0.3%)、「正直だから」(1.8%)支持するという回答は非常に少なかった。文元代表と安前代表の“強み”が分かれる地点だ。

 自由韓国党の洪準杓(ホン・ジュンピョ)候補に対しては「保守的だから」(14.9%)支持するという回答が最も多かった。朴前大統領の拘束などで壊滅の危機に直面した保守陣営の“リリーフ”として登板しただけに、「自由韓国党を支持するから」(13.5%)という回答も多く、「政界に染まっていないから」(5.9%)、「正しいことを言うから」(5.2%)なども洪候補を支持する理由として挙げられた。

 3候補の支持の理由が大きく異なっているだけに、主要支持層もほぼ重ならない。正しい政党の劉承ミン(ユ・スンミン)候補と正義党の沈相ジョン(シム・サンジョン)候補を含めた5人対決で、文元代表は20、30、40代でそれぞれ51.5%、55.9%、54.8%の“強力な”支持を受けた。「大学在学以上」(46.8%)、「月当たり所得400万ウォン(約40万円)以上」(48.2%)、「ホワイトカラー層」(52.5%)などで、文元代表に対する支持度が高いことが分かった。

 最近、支持率が上昇傾向にある安哲秀前代表の場合、文元代表の“脆弱層”で支持層を吸収している。文元代表が40代以下の支持が高い反面、安前代表は50、60代でそれぞれ33.8%、32.3%の支持を受け、文元代表が得た30.5%、17.7%を上回っている。また、「高卒以下」(27.9%)、「専業主婦」(33.6%)、「月当たり所得200万ウォン(約20万円)以下」(30.6%)などで、文元代表より多く支持された。地域別の支持率では文元代表が、慶尚道、全羅道と忠清道、首都圏などの全地域で1位を記録した。安前代表は、すべての地域で2位だった。年齢別には40代と50代を境に候補に対する好感度が大きく異なっていた。文元代表が40代以下の年齢層で首位を記録した反面、50代と60歳以上では、安前代表が1位だった。

 洪準杓候補は40代以下では2~3%台の支持を受けたが、60代以上では22%に急上昇した。

チェ・ヘジョン記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr)

韓国語原文入力:2017-04-02 22:12
http://www.hani.co.kr/arti/politics/assembly/789004.html 訳H.J(2006字)

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue