登録 : 2016.12.27 00:06 修正 : 2016.12.27 06:04

文体部の関係者がハンギョレと会い証言 
「11月初め、ブラックリストを担当する芸術政策課の事務官が 
上部の指示で自分のコンピューターを含む2台を交換」 
検察、10月末の押収捜索の時に芸術政策課は外す

パク・ヨンス特別検察官チームが26日、金淇春前秘書室長とチョ・ユンソン文化体育観光部長官の自宅を家宅捜索し、「文化界ブラックリスト」作成疑惑に対する捜査が本格化された。左がチョ・ユンソン文化体育観光部長官、右はブラックリスト抗議デモをする文化界の関係者たち//ハンギョレ新聞社
 パク・ヨンス特別検察官チームが26日に実施した押収捜索に含まれた文化体育観光部の芸術政策局芸術政策課で「ブラックリスト」に関連した作業を行ったコンピューター2台のハードディスクが、先月初めにすでに交換されていたという疑惑が提起された。

 当時の事情をよく知る文体部の関係者は最近ハンギョレの取材に応じ「ブラックリスト業務を担当した芸術政策課のK事務官が、先月初め上部からの指示で自分のコンピューターを含む2台のハードディスクを交換したと聞いた」とし、「交換されたハードディスクなので検察が押収捜索して調べても11月以前のファイルはないだろう」と話した。

 ソウル中央地検は10月27日、ミル・Kスポーツ財団の設立および認可過程での特別措置などを見極めるため、文体部庁舎の事務室2カ所を押収捜索した。しかし、当時ブラックリスト疑惑と関連する芸術政策課事務室は押収捜索から除外された。同関係者は「押収捜索の6日後頃にコンピューターのハードディスク自体を変えてしまった」と話した。

 同関係者は「ハードディスクを交換した後11月中旬頃に、あるメディアが取材を始めると、K事務官が文体部情報化担当官室に「(上から言われた通り)ハードディスクを無断で交換したが、どうすればいいんだ」と泣きついて、知らなかった人にもみなわかってしまった」と話した。当時情報化担当官室でK事務官の訴えを聞いたN主務官は、ハンギョレとの電話で「当時セキュリティ担当者が席を外しており、私は(K事務官の話を)セキュリティ担当者に伝えただけだ。内容は知らない」とし、「すべて知っていて電話しているようだが、私は自分の分野ではないため言えない」と話した。

 通常、部署のコンピューターに問題が生じれば情報化担当官室を通じて外注業者に連絡をとる。しかし、ハードディスクを交換した後、K事務官は直接外注業者に連絡し、システムを設置したと伝えられている。文体部のコンピューターを管理する外注業者の関係者は「芸術政策課のコンピューター2台にウィンドウズを新しく設置したことは確かだ。しかし当該課から先に要請したのではない。11月中旬にセキュリティ監査を控えて私たちが先に確認したところ、不備があったため新しく設置した」と説明した。K事務官は「その頃に課のコンピューターのうちのどれ一つとしてハードディスクの交換をしてはいない」と疑惑を否定した。

SBSが26日夕方、朴槿恵政権のいわゆる文化芸術界ブラックリストを入手したとして報道した文書。ハンギョレなどを左派性向の報道機関に分類してリストに掲載した=SBS画面キャプチャー//ハンギョレ新聞社

パク・スジ記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr )

韓国語原文入力:2016-12-26 16:26
http://www.hani.co.kr/arti/society/society_general/776137.html 訳M.C(1254字)

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue