登録 : 2016.01.19 21:52 修正 : 2016.01.20 06:35

慰安婦歴史教育カリフォルニア連帯が主導して、カリフォルニア州の子供たちに日本軍性奴隷について教育することを求めるオンライン請願サイト(http://www.comfortwomenpetition.org)//ハンギョレ新聞社

12・28以降教科記載に反対請願 
教科書改正案阻止の動き 
同胞団体「記載呼びかけるキャンペーン」で対抗

 「この週末は街頭に出ようと思います。教科書の問題もあるが、12・28韓日合意後、間違った方向に向かっている世論を正さなければならないという切迫感があります」

 米国カリフォルニア州に住んでいる同胞団体が、カリフォルニア州の高校の教科課程に「慰安婦」の歴史を盛り込むキャンペーンに乗り出した。イ・アンジェラ・ロサンゼルス蝶会長は18日(現地時間)、ハンギョレとの電話インタビューで、 「ロサンゼルス蝶をはじめ、カリフォルニア韓米フォーラム、3・1女性同志会などで構成された「慰安婦歴史教育カリフォルニア連帯」(カリフォルニア連帯)所属メンバーたちが、州教育部の改正案を支持するキャンペーンのために街頭に出る計画だ」と話した。

 米国カリフォルニア州教育局は、昨年11月、10年生(韓国の高校1年生に当たる)の歴史教科書教育課程の改正案に「慰安婦は国家によって組織化された性奴隷であり、20世紀の歴史の中で最も広範な人身売買と教える」との内容を盛り込む計画を明らかにし、草案を公開した。カリフォルニア教育局は、来月末までに市民の意見を集約し、今年5月に公聴会を開いて修正案を確定する計画だ。しかし、昨年の韓日外相間の合意後に、このような方向の教科書改正案を霧散させようとする動きが現れている。

 インターネット市民請願ホームページ(Change.org)には、カリフォルニア州の教科書改正に反発し、「慰安婦はお金をたくさん稼いだ売春婦であり、米軍にもサービスを提供していたという内容を(教科書に)記載しろ」という題名の請願文が投稿された。この請願には、日本語で「日本の名誉のために」「厚顔無恥な韓国人」のような表現が含まれたコメントが寄せられ、19日午後まで299人が署名した。カリフォルニア韓米フォーラムのキム・ヒョンジョン事務局長は「誰が投稿したかは定かではないが、日本の極右団体によるものと推定される」と述べた。

 カリフォルニア連帯側は「慰安婦」問題の歴史歪曲の流れへの対抗として、「カリフォルニアの子供たちに日本軍性奴隷について教育」することを求めるオンライン請願(http://www.comfortwomenpetition.org)を開始した。この請願には10日間でカリフォルニア州の住民約1700人が署名した。キム事務局長は「オンライン請願だけでなく、街頭署名、教育局への電子メールなど、様々な方法で教育局に意見を伝えることができる」とし「韓国人たちはもちろん、カリフォルニア地域の中国人コミュニティとユダヤ人の女性団体なども力を貸している」と話した。

パン・ジュンホ記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr )

韓国語原文入力:2016-01-19 19:48

http://www.hani.co.kr/arti/society/society_general/726933.html訳H.J

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue