登録 : 2015.12.14 16:55 修正 : 2015.12.15 07:11

国定教科書執筆陣の「思想検証」は事実か

11月6日午前、京畿道果川の国史編纂委員会玄関前に「正しい歴史観確立のための教科書を作ります」と書かれた案内文が掲示されている =果川/キム・ギョンホ先任記者//ハンギョレ新聞社

国史編纂委員会委員だった
ハン・キュチョル名誉教授
師匠のキム・ジョンベ委員長が執筆陣提案
受諾したが数日後に落第通報

「キム委員長『時局宣言をしたか』と質問
国史編纂委員会次元の身元照会ではなさそう」
不適格筆者論議 相次ぎまた波紋

 韓国史を教えた経歴が1年にもならない商業科目担当教師の執筆参加で国定歴史教科書執筆陣論議が再燃する中、政府が執筆陣候補に上がった国史編纂委員出身の史学科教授を「身元照会」後に排除したと主張された。

 ハン・キュチョル慶星大名誉教授は12日、国立中央博物館で開かれた韓国古代史学会定期発表会で自身の研究人生を回顧する『私の渤海寺研究』を発表し「最近多くの非難を受けながらも国史編纂委員長である恩師の勧誘で国定教科書執筆委員を受諾したが、身元照会で問題になり参加できなかった」と明らかにした。

 今年8月に定年退任したハン教授は、2012年から3年間第17代国史編纂委員として活動してきた。 13日、ハンギョレとの電話インタビューでハン教授は10月16日、最後の国史編纂委員会議の後、高麗大時代の師匠のキム・ジョンベ委員長から国定教科書執筆陣に参加するよう提案を受けたが、しばらくして国史編纂委員関係者が電話で改めて意志を尋ねたと明らかにした。 ハン教授は「恩師であるキム委員長の勧めなので断れなかったし、専攻である古代史をきちんと記録してみたい思いがあって受諾した」と説明した。

 しかし、国史編纂委員の最終執筆陣発表(11月23日)を数日後に控えてハン教授はキム委員長から「落第」の便りを伝え聞いた。 彼は「具体的な失格条件は聞けなかったが、キム委員長が『君は時局宣言に署名したことがあるか』と尋ねたので、理由を察することができた。 最近まで国史編纂委員として在任した点を考慮すれば、国史編纂委員次元での身元照会ではなかったようだ」と話した。 「かつて民主化時代に時局宣言に名前を上げたことはあり、今は会員ではないが一時『民主化のための全国教授協議会』会員として新聞寄稿で進歩的見解を示した点などが影響を及ぼしたのでは」というのがハン教授の推定だ。 さらに彼は「6・25韓国動乱(朝鮮戦争)当時、実兄の1人が人民軍に同調した家族史で長く苦痛を受けたが、それも関連がありそうだ」と付け加えた。

 釜山慶尚南道史学会長、韓国古代史学会長、東北アジア歴史財団諮問委員などを歴任したハン教授は、学界で渤海寺研究の権威者として名高い。 歴史を教え始めていくらも経たない商業担当の教師は面接もせずに選抜した国史編纂委員が、学界で認められている候補には「思想検証」の定規を突きつけたという批判が提起されている。 パン・ウニ歴史正義実践連帯事務局長は「国定歴史教科書の製作過程で、国史編纂委員長までが操り人形になっている事実を示す事例」として「権力の好みに合わせた執筆陣が作られている」と批判した。

 ハン教授は「いまだに理念のくびきから抜け出せず思想の連座が残っていることが残念だ」としつつも「歴史学界の同僚や後輩たちが国定化に反対している状況で、執筆を受諾して申し訳ないという思いが強かったが(委嘱されなくて)むしろ良かったという心情」と話した。 国史編纂委員会関係者は「ひどく執筆陣交渉が難航していた時期なので、他のお願いをする中で執筆を引き受けてほしいと伝えただけで、公式に要請を差し上げたわけではない」と説明した。

オム・ジウォン記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

韓国語原文入力:2015-12-14 01:20
http://www.hani.co.kr/arti/society/schooling/721703.html 訳J.S(1711字)

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue