登録 : 2015.12.06 22:41 修正 : 2015.12.07 01:07

先月14日の民衆総決起大会で警察が撃った高圧放水銃に倒れた農民ペク・ナムギ氏の次女ペク・ミンジュファ氏が5日午後、ソウルのマロニエ公園前で開かれた「ペク・ナムギ農民快復祈願ロウソク文化祭」で参加者に感謝を伝えている =キム・ギョンホ先任記者//ハンギョレ新聞社

 先月14日の民衆総決起大会で警察が撃った高圧放水銃に倒れた農民ペク・ナムギ氏の次女ペク・ミンジュファ氏が5日午後、ソウル鍾路区大学路(テハンノ)のマロニエ公園前で開かれた「ペク・ナムギ農民快復祈願ロウソク文化祭」で集会参加者に感謝の言葉を伝えている。 彼女は「この国に対する“願望”だけを抱いて(この場に)出てきたが、私の前に、そばに、そして遠くまでいらっしゃる方々を見れば“希望”という単語を思い浮かべることができた」と話した。

キム・ギョンホ先任記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

韓国語原文入力:2015-12-06 19:26
http://www.hani.co.kr/arti/society/society_general/720567.html 訳J.S(519字)

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue