登録 : 2015.10.12 00:03 修正 : 2015.10.12 06:35

歴史学者・社会元老に続き 
青少年まで「国定教科書反対」… 
12日に466団体が糾弾会見… 
65大学の歴史学徒反対宣言も 
「理念対決ではなく“常識対非常識”の戦い」 
市民の反発 拡散予告

「韓国史国定教科書拒否 青少年行動」に所属する生徒たちが11日午後、ソウル鍾路区仁寺洞で、政府の韓国史国定教科書推進に反対する内容のプラカードを持って世宗路の政府ソウル庁舎に向けて行進している =シン・ソヨン記者//ハンギョレ新聞社

 “朴槿恵(パク・クネ)教科書”に対する市民の怒りと反発が噴き出している。政府・与党が各界の反対と無理な日程にもかかわらず、2017学年度に韓国史国定教科書を導入することに確定したのは、朴槿恵大統領が任期内に“国定化”をやり遂げる意図であると指摘される。 歴史学者と社会元老、市民団体の反対の動きに続き、一般の生徒や青年たちも“国定化反対”の声に加わり、国定教科書反対は各界各層の“市民不服従運動”に拡大する様相だ。

 11日午後1時頃、ソウル・鍾路(チョンノ)区の安国(アングク)駅周辺に、まだあどけない顔をした10代の青少年数十人が集まった。「韓国史国定教科書に反対する青少年と青少年活動家」と明らかにしたこれらの若者たちは、この日記者会見を開き「親日附逆派を親日附逆派だと学び、独裁を独裁だと習うことが、どうして“左翼偏向”なのか。生徒たちは韓国史国定教科書を拒否する」と明らかにした。 記者会見を終えた後、世宗路(セジョンノ)の政府ソウル庁舎前まで行進した青少年たちは「正しい歴史の重要性」を強調した。チョン・ソンジェ君(19)は「普段から歴史認識を画一化する国定教科書は良くないと考えていた。弟が中学校3年だが国定教科書になれば私の弟はその教科書で習うことになる。 私は当事者ではないが、弟のことを考えてここに来た」と話した。 チョン・ユジョンさん(17)は「私たちに批判的な大人もいる。でもその人の子供たちも国定教科書で勉強するだろう。まともな歴史認識を習えない環境で育つ方がさらに問題だと思う」と話した。

 親日附逆・独裁を美化する“朴槿恵教科書”に対する“不服従宣言”も続いている。 日本軍慰安婦問題解決のための学生団体「平和ナビ ネットワーク」に所属する学生30人余りは10日午後3時頃、ソウル汝矣島(ヨイド)のセヌリ党舎前で記者会見を行い「親日と独裁を正当化する歴史を強制するな」として、韓国史教科書国定化の企てを中断しろと要求した。 学生たちは11日夜から政府ソウル庁舎前で集会を開き、徹夜の座り込みを続けた。 平和ナビ ネットワークのキム・セン代表は「学生たちは授業・討論で歴史的事実を傷つけ歴史的意味を卑下するイルベ(日刊ベスト貯蔵所)問題を直接的に感じている。若い学生・青年たちの間にも国定化になればこのような問題がさらに深刻化するだろうという認識を共にしている」と話した。

 12日には全国466の市民団体が結集した「韓国史教科書国定化阻止ネットワーク」の主催で国定化導入をゴリ押ししている大統領府を糾弾する記者会見が開かれる。 光化門(クァンファムン)政府ソウル庁舎前では歴史研究と教育をリードする歴史学徒の国定化反対宣言も続く。 この日午前までに65大学2000人余の歴史学徒が署名を終えている。

 専門家たちは歴史教育を理念対決と政治的組み分けに追い込む大統領府と政府・与党を強く批判した。 7種の高等学校韓国史教科書執筆者はこの日共同声明を出し、「教育部が検定通過させ学校で使うようにしたのに、偏向していると非難するのは自己矛盾であり自家撞着」と反論し「韓国史教科書執筆者と歴史教育者に対する事実歪曲と偏向的な蔑視行為を中断し、韓国史教科書国定化政策を廃棄せよ」と要求した。 教科書執筆者たちが共同声明を出したのは今回が初めてだ。

 チョン・ヨンウク・ソウル大国史学科教授は「進歩市民団体の枠を超えて、歴史学者や社会元老に続き中高生や歴史学徒までが国定化反対宣言に踏み出したことは、大統領府が決して無視してはならない社会的現象だ。 政府与党は韓国史国定化問題を決まって理念対決のフレームに推し込もうとするが、市民は理念対立ではなく“常識対非常識”の戦いと理解している」と説明した。 ユン・ヨジュン元環境部長官は「朴槿恵大統領は民主主義や共和主義に対する認識は全くなく、あらゆる事を国家が決め国民はついてくれば良いという国家主義的観点しか持っていない」と指摘した。 匿名を要請したたある世論調査専門家は「朴大統領が保守の先鋒に立って、経済や民生イシューではない理念で勢力を過大視したり力を集めようとしているようだ。 結果的には(国定教科書論議が)経済イシューを覆い隠す効果もあるだろう」と分析した。

キム・ソンファン、チョン・ジョンユン、ファン・ジュンボム、チェ・ヘジョン記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

韓国語原文入力:2015-10-11 19:25
http://www.hani.co.kr/arti/society/society_general/712303.html 訳J.S(2164字)

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue