登録 : 2015.08.14 18:41 修正 : 2015.08.15 06:34

北朝鮮国防委員会「荒唐無稽な主張…証拠を提示せよ」
韓国合同参謀本部「警告込めた返信電話通知文が来た」

今月4日非武装地帯(DMZ)で発生した地雷爆発事故場面。写真は合同参謀本部が事故当時に熱線監視装備(TOD)で撮影した場面を公開したもの =合同参謀本部提供//ハンギョレ新聞社

 北朝鮮は14日、北側が非武装地帯(DMZ)に木箱地雷を埋設したという韓国政府の主張に反論し、証拠を出せと要求した。 国防部が非武装地帯での地雷爆発事件を北朝鮮の犯行と発表してから四日後だ。

 北朝鮮国防委員会はこの日、政策局報道官談話を通じて「軍事境界線の南側400メートル地点にある傀儡憲兵警戒所前に我々の防御のために3発の地雷を埋設したというのは話にもならない」と主張したと朝鮮中央放送と平壌放送が伝えた。北朝鮮はこの日、こうした内容の電話通知文を合同参謀本部宛にも発送した。

 国防委はまた「我が軍に何らかの軍事的目的があったとすれば強力な火力手段を利用しこそすれ、3発の地雷などでもてあそぶだろうか」と付け加えた。

 国防委はさらに「証明できる動画を提示せよ。それがないなら二度と北の挑発を口外すべきでない」とし「荒唐無稽な北挑発をまくし立てるほど、朴槿恵(パク・クネ)一党に帰ってくる物は謀略とねつ造の常習犯という汚名のみ」と主張した。

 国防委は「我々も対応する一考の価値もないことなので、全く意に介さなかった」として「しかし、傀儡が決定的物証として種々の証拠を出して、それを口実に南北関係全般を一層激化させているので、それについて論議してみることにした」として「我が軍と人民は無謀にも繰り広げられている挑発者の新たな対決狂乱を鋭く注目しており、無謀な挑発は必ずや応当な懲罰を招くだろう」と明らかにした。

 これに対して韓国合同参謀本部は、「苛酷な代価を払うだろう」と警告する内容の返信電話通知文を発送したと明らかにした。

デジタルニュースチーム(お問い合わせ japan@hani.co.kr )

韓国語原文入力:2015-08-14 17:09
http://www.hani.co.kr/arti/politics/defense/704486.html 訳J.S(969字)

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue