登録 : 2017.11.09 23:05 修正 : 2017.11.10 08:15

中国の習近平国家主席とドナルド・トランプ米大統領が9日、北京の天安門広場で儀仗隊を査閲している= 北京/EPA聯合ニュース
 米国のトランプ大統領と中国の習近平国家主席が9日、北京で首脳会談をし、朝鮮半島の非核化実現と米中の協力強化を約束した。共同記者会見でトランプ大統領は「我々は両国関係を一層強化して人類が直面した危険に一致団結して対応することにした」と話した。習主席も「相互扶助関係の米中相互協力は両国の基本利益に符合するだけでなく、世界の期待にも符合する」と明らかにした。

 両国は、朝鮮半島や貿易、南シナ海などさまざまな問題で摩擦を起こしてきたし、異見をあらわにしてきた。しかし今回の会談では異見はしばらく後回しにして、互いの一致点を見出すことに主眼を置いた。習主席は8日に紫禁城を一日空け、トランプ大統領夫妻だけを案内する「皇帝儀式」をするなど手厚く対応した。また今回のトランプ大統領の訪中の間に両国がエネルギーや化学工業、農産物、飛行機部品、生命科学などさまざまな分野で2500億ドルを越える貿易協定に署名したと発表するなど実質的な「プレゼント」も忘れなかった。

 共同記者会見で両首脳が声を合わせて述べたように、主要2カ国である米国と中国の関係は両国だけの問題ではない。今年の国際通貨基金(IMF)の統計で両国の国内総生産(GDP)は米国が19兆3621億ドル、中国が11兆9375億ドルでそれぞれ世界1、2位だ。両国のGDPを合わせると、世界経済の40%に達している。国防費支出もまた、差は大きくあるものの両国が1、2位に位置している。よって、両国の関係が対決に向かうと朝鮮半島と北東アジア、さらには全世界が緊張局面に突入し、政治・経済的に実質的な被害を受けることになる。

 さらに二陣営に分かれていた米ソの冷戦時代とは違い、現在は全世界の経済や暮らしが統合された構造にある。米中二つの超大国の関係悪化は周辺国の市民の生活にまで直接的な影響を及ぼす。我々韓国はすでにTHAAD(高高度防衛ミサイル)問題でこれをまともに体験もした。したがって米国と中国は主要2カ国の地位にふさわしいよう、国際社会に対する責務を忘れないでおくべきだろう。これは他国のための米中の犠牲や恵みのような行動を望んでいるのではない。国際社会の安定による最も大きな受益者はまさに両国であるためでもある。

さらに韓国は、両国の協力が朝鮮半島や北東アジアの平和に決定的であるゆえに、その切実さはいっそう強まらざるを得ない。トランプは北朝鮮問題に関連して記者会見で「中国は容易に早く問題を解決することができる」とし、金融分野での対北朝鮮関係中断などに言及して中国を圧迫した。しかし習主席は朝鮮半島の非核化、国際核非拡散体制の維持、国連安全保障理事会の決議の厳格履行、そして対話を通した解決を強調した。両国が朝鮮半島の非核化という大きな枠組みのみ合意し、方法論では相変らず既存の主張を繰り返した。今後も合意点はたやすくは見い出しにくいだろう。

 それにもかかわらず、米中両国は違いを強調して互いを恨むよりは、世界平和と非核化に向かった共同目標を強調し、協力範囲を広めていこうとする努力を絶えずしていかなければならない。それが北東アジアの平和のための前提の基本であることはもちろん、この時代の主要2カ国が担う歴史的責務だ。

(お問い合わせ japan@hani.co.kr)

韓国語原文入力:2017/11/09 18:16
原文: http://www.hani.co.kr/arti/opinion/editorial/818325.html 訳T.W
関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue