登録 : 2015.09.14 01:39 修正 : 2015.09.14 06:58

「子どもと教科書全国ネット21」俵義文事務局長

俵義文「子どもと教科書全国ネットワーク21」事務局長=キル・ユンヒョン特派員//ハンギョレ新聞社
 日本の歴史歪曲教科書に対抗してきた日本の市民社会も、韓国政府の韓国史教科書国定化の動きに、懸念の眼差しを向けている。日本で50年以上「教科書運動」一筋を貫いてきた俵義文「子どもと教科書全国ネットワーク21」(以下、教科書ネット)事務局長(74)は、「韓国が教科書国政化を選ぶなら、歴史を数十年も撒き戻すとんでもないことだ。日本は過去の戦争を反省する意味で、国定化を廃止した。以降、自民党などから国定化を求める声が出てくるが、国民がこれを容認しない」と述べた。

 国定制は発展途上国や独裁国家だけ
 米国や欧州諸国はほとんど自由発行制
 日本は1948年から検定制を導入
 過去の戦争を反省する意味

 自民党内部で国政化の意見があるが
 日本国民が容認しない
 韓国もそのような事が起きないように
 マスコミが先頭に立って、国際社会に訴えなければ

 - 朴槿恵(パク・クネ)政権が韓国史教科書国政化を進めながら、市民社会と真っ向から対立している。

 「韓国政府は、世界の教科書制度がどのようになっているか、確認してほしい。教科書国定制を維持している国は、いくつかの発展途上国と独裁国家しかいない。韓国が再び国定化に戻るということは、歴史を数十年も巻き戻す、本当にとんでもないことだ。米国やヨーロッパなどの多くの先進国は、自由発行制だ。ヨーロッパで検定を維持する国としては、ドイツとノルウェーなどがあるが、日本と韓国のように、国家権力が介入する検定ではない。中国も20年以上前に国定制をやめた。以前は人民教育出版社の教科書だけだったが、今は中学校の歴史教科書が8種類も出ている。教科書制度は、その国の政治制度と非常に密接にかかわっている。韓国はあのように苦労して民主化を成し遂げたのに...」

 - 日本の教科書制度はどのような変遷を経てきたのか?

 「日本も第二次世界大戦前までは、国定制だった。小学校に国定制が導入されたのは、日露戦争(1904〜1905年)が勃発する直前の1903年(中学校は1943年から施行)だった。日露戦争の結果として、韓国は日本の植民地となったが、日本はその戦争の遂行のために教科書を国定制にしたと言える。戦争が終わってから、日本を占領した連合軍最高司令部(GHQ)は、日本が国定教科書を通じ、国家主義的教育を実施したことが戦争の原因とみて、国定制の廃止を指示した。日本も過去の軍国主義やアジアへの侵略戦争を反省する意味で、これを受け入れ、1948年から検定制を導入した。 "

 - 日本の経験からして、国定教科書の最大の問題は何か?

 「国家が国民を簡単に“マインドコントロール”できるという点だ。国定教科書は一種類しかないから、国家がその内容を制御すれば、国民の精神を支配しやすくなる。日本では検定制度についても『現実的に憲法が禁じた検閲に当たる』という家永裁判が1962年から32年間も行われた」(3回にわたる家永裁判を通じて、日本では、国が教科書を通じて国民の考えを制御するのは望ましくない、という社会的合意を導き出すのに成功した」

 - これまで日本で国定化への試みはなかったか?

 「1962年から教科書無償化制度が始まった。すると自民党内部で『教科書を無償にするなら、国定化を施行すべきだ』という声が出てきた。しかし、これを施行することはできなかった。国民が同意しなかったからだ。当時文部科学省が自民党議員を説得して、国定化の主張を止めさせた。安倍政権が発足する直前の2012年6月、自民党内に教育再生実行本部が設けられた。ここでも教科書を国定化すべきだという意見が多数出てきた。そのような意見はもちろん後を絶たない。しかし、国民がこれを容認しない」

 - 韓国の教科書運動との縁は?

 「2001年3月からだ。その頃、韓国で日本の『扶桑社教科書』(「新しい歴史教科書をつくる会」が作った歴史歪曲教科書)の反対運動のために『アジア平和と歴史教育のための連帯』が発足した。彼らの招待で韓国を訪れた」(以降、教科書ネットは15年間、日本の歴史歪曲教科書の採択の反対、韓中日共同教科書の製作、青少年歴史キャンプなど活発な活動を行ってきた)

 - 韓国社会はこれまで、日本の教科書制度を批判してきた。韓国が再び国定化に戻ったら、日本の社会はどのように受け止めるだろうか

 「(親日派と独裁政権を正当化するという批判を受けた)教学社教科書を作ったが、国民が支持しなかったから使用されていないのではないか。だからといって、国定化を進めるなんて、馬鹿げたことだ。韓国国民がこれを容認すれば、歴史を数十年前に巻き戻すことになる。そのようなことが起きないように、メディアが積極的にキャンペーンを展開しなければならず、ユネスコなどの国際社会にも訴えるべきだ。韓国で教科書国定化が行われれば、再び以前の軍事政権当時のように、メディアと思想の自由がない国になるという意味だ。韓国市民社会が容認しないだろう。韓国人たちを信じる」

東京/キル・ユンヒョン特派員(お問い合わせ japan@hani.co.kr )

韓国語原文入力: 2015-09-13 21:46

http://www.hani.co.kr/arti/international/japan/708719.html 訳H.J

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue