登録 : 2015.06.24 23:30 修正 : 2015.06.25 15:16

 ボストルMIT教授らが性能分析
 「北朝鮮のスカッド・ノドン 軌跡不規則
 迎撃範囲に入っても打撃は困難」

米軍が昨年ミサイル防衛システム(MD)の核心となるTHAADを試験発射している=出処:米国防省ミサイル防衛庁//ハンギョレ新聞社
 米国が北朝鮮のミサイル脅威を防止するとして、韓国に高高度防衛ミサイル(THAAD)の配備を検討中だが、THAADの迎撃性能は信頼できないという分析が出された。北朝鮮のスカッド・ノドンミサイルが不規則な軌跡を描いて飛行するため照準しにくい上に、ミサイル本体を打撃しても弾頭は地上に落ち爆発する可能性が高いと分析された。

 米国マサチューセッツ工科大学(MIT)のセオドア・ボストル教授と、コーネル大のジョージ・ルイス平和・葛藤研究所主任研究員は、THAADが韓国に配備される場合、北朝鮮のスカッド・ノドンミサイルを成功裏に迎撃できるか検討した結果、この結論を下したと24日明らかにした。

 二人の学者は米国のミサイル防衛システムを数十年間研究してきた代表的な専門家で、今回の分析はハンギョレの要請で行われた。 米国の専門家やマスコミは、これまで主に米本土防衛のための“地上発射ミサイル防衛”(GMD)システムの限界を指摘してきた反面、同盟国に配備・輸出するTHAADに対しては特別な問題を提起していないため、THAADの迎撃能力はこれまでベールに包まれていた。 今回の分析はTHAADの軍事的効用性に関する本格的な議論に重要な示唆点を投げかけるものと見られる。

THAADの北朝鮮スカッドB、C、ノドンミサイル迎撃可能範囲。資料:シオドア・ポストルMIT教授、ジョージ・ルイス・コーネル大研究員提供 //ハンギョレ新聞社

 分析の結果、射程距離がそれぞれ約300キロメートルと600キロメートルの北朝鮮のスカッドB、Cミサイル、そして射程距離が約1000キロメートルのノドンミサイルが、THAADの迎撃可能範囲に入ってくることが明らかになった。 しかし、スカッドB、Cミサイルはロケットの動力飛行が終わった後、目標物に到達する前に一直線に飛んでくるのではなく、くるくる回って落ちたり螺旋形の軌跡を描くなど不規則な動きを見せ、THAAD部隊がこれを正確に照準し命中させることは難しいと推定された。

 ノドンミサイルを迎撃する場合には、こういう不規則な動きのみならず、本物の弾頭と模擬弾頭(Decoys)を識別できない米国ミサイル防衛システムの根本的限界に直面すると推定された。 二人の学者は、THAADがノドンミサイルを迎撃するには、対象ミサイルが目標物から高度105キロメートル以上にある時に迎撃ミサイルを発射しなければならないが、この高度では模擬弾頭を識別することが困難だと明らかにした。 模擬弾頭が本物の弾頭より軽いため、地上に落ちる速度が遅くなる筈だが、この高度では空気が希薄で落下速度が同等なので模擬弾頭を識別することは難しいということだ。 ボストル教授は「レーダーは目標物の内容物は見分けられず、外部に見える大きさだけを観測できる」と指摘した。

迎撃後に弾頭が飛び続けるランス弾道ミサイル //ハンギョレ新聞社
 すでに1990年代から提起されてきた本物の弾頭と模擬弾頭の識別問題は、米国防総省も現在その限界を認めている事案だが、THAADでノドンミサイルを打撃する時にはこの問題に直面することが今回の分析で確認されたわけだ。 ジェームズ・ウィニフェルド米合同参謀次長は先月20日、ワシントンの国際戦略問題研究所(CSIS)セミナーで、財政的制約と共に識別問題をミサイル防御システムが解決しなければならない代表的宿題として指摘したことがある。

 ボストル教授は「ミサイル防衛システムは購買や開発費用を正当化するだけの性能を発揮できないと見る」として「ただし、北朝鮮の核・ミサイル威嚇に直面し、心理的慰安を得るためにどんな種類のミサイル防衛体系でも保有を望むことはありうるだろう」と話した。 彼は「このような考えでなら、韓国が自主的にミサイル防衛システムを開発する方が良い」とし「自主開発した武器が米国の武器(THHAD)より性能面で大差なく費用も少ないため」と話した。

 二人の学者は米国ミサイル防衛庁(MDA)等が公開したTHAADの力量と旧パトリオット(PAC)ミサイルの実戦投入、およびスタンダードミサイル(SM-3)試験事例、そして北朝鮮の潜在的対応能力などに基づいて今回の分析を行った。

ワシントン/パク・ヒョン特派員 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

韓国語原文入力:2015-06-24 22:24
http://www.hani.co.kr/arti/international/america/697369.html 訳J.S(1859字)

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue