登録 : 2017.06.16 22:19 修正 : 2017.06.17 07:04

16日、済州でAIIB年次総会 
祝辞で京義線連結推進を示唆 
THAAD軋轢の中、中国に友好的メッセージ 
新政府スタート後、初の国際行事

文在寅大統領が16日午後、済州島で開かれた第2回アジアインフラ投資銀行(AIIB)年次総会の開幕式で祝辞を述べている=済州/大統領府写真記者団//ハンギョレ新聞社
 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は16日、済州(チェジュ)国際コンベンションセンターで開幕したアジアインフラ投資銀行(AIIB)第2回年次総会に参加して「断たれた京義(キョンウィ)線鉄道が未だ治癒されていない朝鮮半島の現実」としながら「南と北が鉄道で連結される時、新しい陸と海のシルクロードが完成されるだろう」と話した。アジアインフラ投資銀行が追求するアジアインフラ開発事業と連係して、南北間の鉄道連結推進を示唆したのだ。

 文大統領はこの日の祝辞で「古代シルクロードが開かれて東西が連結され、市場が開かれ、文化を互いに交流した。アジア大陸の極東側終着駅に朝鮮半島がある」として、シルクロードと京義線を結び付けた。文大統領は続けて、「何よりも朝鮮半島の平和がアジアの安定と統合に寄与することになることを願う」と述べた。文大統領は、アジアにおける韓国の役割と関連して「韓国はこれまでの経験に基づいて、アジアの開発途上国の経済・社会発展に寄与するパートナーになる」として「韓国が開発途上国と先進国を連結する橋梁国家として、その役割と責任を全うすることを約束する」と強調した。

 文大統領のこうしたメッセージについて、THAAD(高高度防衛ミサイル)問題で軋轢が生じている中国に対する友好的メッセージを投げたという解釈が出ている。アジアインフラ投資銀行は、中国が主導する国際金融機構で、昨年1月1000億ドルの資本金でスタートした。現在77カ国が加盟国として参加している。韓国は参加国のうち5番目に多い4.06%の持分を有している。習近平中国国家主席が明らかにしてきた「一帯一路」(新シルクロード)構想とも密接な関係がある。中国はヨーロッパとアフリカまで貿易網を包括する一帯一路構想のために、交通・エネルギーインフラ事業などを支援するための金融基地として、この機構の役割に力を入れている。

 文大統領は「今後20年間、アジアの開発途上国のインフラ投資需要は年間1兆7千億ドルに達する」とし「高いインフラ投資需要と2008年金融危機以後に難しくなった各国の財政余力を勘案する時、アジア地域のインフラ拡充を支援するために設立されたAIIBは、その意味と役割が大変重要だ」と話した。また「今、人類は政治、安保、経済、環境など多様な挑戦に直面している」として「私はアジア国家間の連帯と協力を通じて、今日私たちが直面している多様な挑戦を克服していくことができると信じる」と話した。「持続可能なインフラ」を主題とした今回の年次総会は、新政府スタート後に韓国で開かれた最初の大規模な国際機構行事だ。この日の基調演説に立った韓国のキム・ドンヨン副首相兼企画財政部長官は「新政府の経済政策方向である雇用創出を通した包容的成長と持続可能な成長基盤拡充は、今回の総会の核心テーマである持続可能なインフラと連携される」と強調した。キム副首相はこの日、肖捷・中国財政部長(財務相)に会い、AIIBを通した相互協力を持続することにした。中国の財政部長と韓国の経済首長の出会いは昨年7月以来1年ぶりだ。

 アジアインフラ投資銀行は、最近米国が環太平洋パートナーシップ協定(TPP)を脱退するなど、保護貿易主義を前面に出すにつれ、相対的により大きな関心を集めている。 当初57カ国でスタートし、77カ国に加盟国が増え、加盟準備国を含めれば今年中に加盟国数は85カ国に増える見込みだ。アジアインフラ投資銀行の金立群総裁はこの日「AIIBの加盟国はすべてパリ協定加盟国」だと話し、歓呼を受けもした。現代経済研究院のチョン・ヨンチャン先任研究員は「最近米国が脱退したパリ協定の話を強調し、米国に対する牽制を暗示したとみられる」と解釈した。

済州/パン・ジュノ記者、チョン・ユギョン記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

韓国語原文入力:2017-06-16 18:11
http://www.hani.co.kr/arti/economy/economy_general/799123.html 訳J.S(1863字)

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue