本文に移動

日本製品に代わる韓国商品知らせ、旅行コミュニティも休業…拡散する日本関連不買運動

登録:2019-07-19 06:01 修正:2019-07-19 08:13
「ノーノージャパン」 
国産の代替商品を掲載し人気 
 
会員133万人以上の旅行オンライン・コミュニティ「ネイルドン」 
「気持ちを示したい」として休業に入る 
 
リアルメーターの調査で成人54.6%が不買に参加 
1週間で6.6%増加 
一部では国内自営業者の被害に対する懸念も
「ノーノージャパンドットコム」(左)とオンライン・コミュニティ「ポンプ」に掲載されたユニクロ会員脱退を示す画面(中央)、ある母親たちのオンラインコミュニティに掲載された日本関連商品不買運動の文(右)=各サイトよりキャプチャー//ハンギョレ新聞社

 日本政府の輸出規制に触発された市民たちの日本商品不買運動がオン・オフライン上で多様な形で行われている。不買する日本商品とそれに代わる製品情報を共有するサイトが人気を博しており、日本旅行のコミュニティが“休業”も入った。また自発的な1人デモも続いている。

 18日午前、一時のポータルサイトでは、「ノーノージャパン」がリアルタイムの検索ワードランキングで1位を占め、サイトのサーバー容量がトラフィックの限界を超え接続障害が発生するハプニングもあった。

 特に、「ノーノージャパン」ではファッションブランドの「ユニクロ」や生活用品ブランドの「無印良品」など、日本を代表するブランドだけでなく、化粧品ブランドの「ウルオス(UL・OS)」や洗濯用洗剤ブランド「ビート」や時計ブランドの「ローズモン」のように、これまで日本商品だという事実がよく知られていなかったブランドまで確認できる。それだけではなく、だれでも右下の「プラス(+)」ボタンを押すことで、直接商品の情報を登録できる参加型サイトだ。ネットユーザーらは「日本製品かどうかの区別ができるうえ、国産の代替商品も一緒に載っているので便利だ」などの反応を示している。運動

 133万人以上の会員が旅行に関する情報と体験談などを共有する国内最大の日本旅行カフェ(オンライン・コミュニティ)「ネイルドン」は今月17日、サイトが臨時休眠状態に入ると宣言した。ネイルドンの管理者は同日未明、臨時休眠処置に関する立場文を掲載し、「2019年7月はかなり残酷な月として、永遠に忘れられない日になると思う。ネイルドンは長い休眠状態に入る」としたうえで、「数日後に日本の参議院選挙日(21日)を控えている。その前に、日本旅行が好きな方々の気持ちがこうだということを示したかった」とし、「選挙が終わって声をあげたり、そのまま見過ごすよりは、何かをやってみようと思った」と明らかにした。

 オンライン・コミュニティやSNSには「日本商品リスト」が共有される一方、日本ブランドの会員から脱退したことを示す写真と文が掲載されている。特に「(不買運動が)長期的に売り上げに影響を与えるほど長続きしないだろう」という最高財務責任者(CFO)の発言で、韓国消費者の怒りを買ったユニクロが主な脱退の対象となった。ネットユーザーらは「後で忘れて、また買うかもしれないと思い、昼休みの間に脱退した」などの書き込みと共に、脱退画面のスクリーンショットやキャプチャーを掲載した。今月6日、市民数人が開始した大邱(テグ)ユニクロ前での1人のデモに関連しては、「今週末に参加する」という声が相次いでいる。市民たちは大邱で流動人口が最も多い大邱東城路ユニクロの前で、各自が作ったプラカードを持って午後1~6時の間に、交代で1人デモを行う予定だ。

 不買運動の拡散は、世論調査を通じても確認できる。リアルメーターが今月17日、全国の成人男女503人を対象に日本製品の不買運動の実態を調査(信頼水準95%、標本誤差±4.4%ポイント)した結果によると、「現在参加している」という回答が54.6%で、前週より6.6%ポイント増加した。

 一方、一部では「今回の不買運動で国内の自営業者が被害を受けかねない」という懸念の声もあがっている。ママカフェ(母親たちのオンライン・コミュニティ)には、日本ブランドのコンビニを運営する自営業者の書き込みが掲載された。書き込みを残した人は「生計を立てるためにコンビニを運営することになったが、よりによって日本ブランド」だとし、「最初数カ月は売り上げも上々で、常連も増えたが、ここ一週間以上売り上げが底を打っている。生活がかかっている問題だが、どうしたらいいのか分からない」と打ち明けた。これに対し、ネットユーザーらは「不買運動に参加する際、自営業者たちは打撃を受けるのではと心配した」とし、「罪のない自営業者たちが被害を受けているようだ」と同情を示した。

キム・ミンジェ、キム・イル記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )
http://www.hani.co.kr/arti/society/society_general/902344.html韓国語原文入力:
訳H.J

関連記事