本文に移動

「慰安婦合意」の後続対策、やや遅れる見込み

登録:2018-01-06 05:37 修正:2018-01-06 07:45
「慰安婦被害者」などの意見集約と 
和解・癒やし財団の存廃問題も重なり 
「合意の欠陥」の処理対策めぐりに腐心 
「五輪前の摩擦減らす意味も」
文在寅大統領と夫人のキム・ジョンスク氏が今月4日、慰安婦被害者女性らを大統領府に迎え入れている=大統領府提供//ハンギョレ新聞社

 文在寅大統領が「早いうちに用意するよう」指示した「日本軍慰安婦被害者問題合意」(以下12・28合意)関連措置の発表が遅れるものと見られる。被害当事者をはじめ広範囲な意見の集約に少なからぬ時間がかかるうえ、12・28合意によって作られた和解・癒やし財団の今後の役割などに対する技術的な困難も重なったためと、政府は説明している。

 大統領府関係者は5日、12・28合意の後続措置と関連し、「昨日(4日)、文大統領が慰安婦被害者ハルモニ(おばあさん)たちを招待して意見を聞いており、(今後)市民社会団体(の意見)と国民世論も集約しなければならない」としたうえで、「政府がそのような過程を経て、解決案を作っていく熟議過程を進めている」と話した。

 カン・ギョンファ外交部長官はこの日から、大統領府で開かれた前日の昼食会に出席できなかった被害者女性らに会い、意見を聞き始めた。チョン・ヒョンベク女性家族部長官も日本軍「慰安婦」問題を研究してきた研究者らに会った。彼らは外交部傘下の「韓日日本軍慰安婦被害者問題合意を検討するタスクフォース」調査では裏合意の事実が確認されており、文大統領が「手続きと内容に重大な問題がある」と規定した「12・28合意」をいかに正すかについての議論に集中したという。

 外交部関係者は「後続対策を念頭に置きつつ、『慰安婦』被害者たちの意見をまとめ、関係省庁の女性家族部とも協議している。いつまで用意できるか、いつ発表できるかについては、現在の状況では予想するのが難しい」と話した。

 そのため、今月10日に予定された文大統領の新年の辞の発表及び記者会見で、12・28合意をいかに処理するか、和解・癒やし財団を維持するか、それとも縮小または解散するかなどに関して、具体的に言及することは難しいものと見られる。代わりに文大統領は、被害者の名誉回復など関連事業に対する構想や日本軍慰安婦関連記録物のユネスコ「世界の記憶」への登録を再推進することなどを取り上げる可能性がある。

キム・ボヒョプ、ノ・ジウォン記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr )
http://www.hani.co.kr/arti/politics/politics_general/826519.html韓国語原文入力:2018-01-05 20:29
訳H.J

関連記事