登録 : 2017.05.23 00:11 修正 : 2017.05.23 06:12

拘束から53日、初めて姿が公開 
全斗煥、盧泰愚に続き 
法廷に立つ3人目の大統領

賄賂授受などの容疑で拘束された朴槿恵前大統領が今年3月31日未明、ソウル瑞草区ソウル中央地方検察庁からソウル拘置所に移送される姿=共同取材写真//ハンギョレ新聞社
 朴槿恵(パク・クネ)前大統領が「40年の親交」チェ・スンシル氏と法廷に並んで立つ姿が国民に公開される。3月31日に拘束されてから53日ぶりに初めてマスコミの前に姿を現すことで、前職大統領が法廷に立つのは全斗煥(チョン・ドゥファン)、盧泰愚(ノ・テウ)元大統領に続き3人目だ。

 ソウル中央地裁刑事22部(裁判長キム・セユン)は、23日午前10時にソウル瑞草区(ソチョグ)のソウル中央地裁417号刑事法廷で開かれる朴前大統領初公判でメディアの撮影を許可すると22日明らかにした。ただし、撮影は裁判開始前に限定した。朴前大統領は、贈収賄罪容疑で共に起訴されたチェ・スンシル氏、辛東彬(シン・ドンビン、重光昭夫)ロッテグループ会長と並んで被告人席に座ることになる。

 法廷に立った大統領経験者の姿を公開することは、1996年の全斗煥、盧泰愚元大統領裁判以来初めてであり、裁判の場所もソウル中央地裁417号刑事法廷であり21年前と同じだ。2人の元職大統領は囚衣を着たが、朴前大統領は私服を着るものと見られる。

 朴前大統領は裁判当日、午前8時40分頃に一人で護送車に乗り午前9時~9時10分頃にソウル中央地裁に到着する予定だ。朴前大統領とチェ氏、シン会長は午前10時頃、刑事法廷に出席し、マスコミの写真撮影取材が終われば正式裁判を受けることになる。全斗煥、盧泰愚元大統領の初公判では1分30秒間にわたり撮影が行われた。

 裁判が始まれば、裁判部が被告人の氏名、年齢、職業を確認し、検事が公訴事実などが書かれた冒頭陳述を終えると、被告人が公訴事実を認めるか否かを明らかにする順序で裁判が進行される。これまで2回行われた公判準備手続きで朴前大統領の弁護団は、18の容疑をすべて否認する趣旨の主張を展開したが、正式裁判でも同じ戦略を続けるかも注目される。裁判部はこの日の裁判で、朴前大統領の事件を特検が起訴したチェ氏のサムスン贈賄事件と併合するかを明らかにする予定だ。チェ氏と朴前大統領は裁判の分離を要求したことがある。

キム・ミンギョン記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

韓国語原文入力:2017-05-22 20:03
http://www.hani.co.kr/arti/society/society_general/795701.html 訳J.S(1046字)

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue