登録 : 2017.02.23 22:54 修正 : 2017.02.24 18:28

「非正規労働者、整理解雇、労組弾圧のない世の中を作る1泊2日大行進」の参加者らが今月10日午後、ソウル大峙洞の特検事務所前で財閥トップの拘束捜査、非正規労働者、整理解雇、労組弾圧の中断などを求めている=キム・ミョンジン記者//ハンギョレ新聞社
 25日に開かれる予定の第17回ろうそく集会を控えて、主催側が特検延長と弾劾認容を求め、「48時間非常行動」に突入した。

 23日午後2時、「朴槿恵(パク・クネ)政権退陣のための非常国民行動」(退陣行動)はソウル世宗文化会館前で記者会見を開き、「このままだと、3月中に弾劾の可否が決定され、今月28日には特検の捜査が終了する予定」だとしたうえで、「第2回非常時局宣言を組織し、48時間にわたり全国100カ所で宣伝戦を行う計画」と明らかにした。24日午後3時から翌日午後4時までに、特検事務所を出発し、江南(カンナム)駅や政府総合庁舎、SK瑞麟ビル、青年希望財団を経て光化門(クァンファムン)広場まで、1泊2日の「第2回大行進」も行われる。

 退陣行動のパク・ジン共同状況室長は「25日は、弾劾認容を妨害する朴槿恵大統領とその共犯者たちの行動は決して国民の意思ではないと宣言する日」だとし、「3月に憲法裁判所が(朴大統領を)即刻弾劾できるように、広場を埋め尽くしてほしい」と市民たちに訴えた。25日午後6時から始まる本集会では「朴槿恵4年、もう終わりにしよう!」をテーマに即刻退陣と迅速な弾劾、特検の延長を要求する「総力対応ろうそく」を進める計画だ。パク・チャングンバンドやハックルベリーフィン、歌手のキム・ウォンジュン氏、マジシャンのイ・ウンギョル氏による「弾劾マジックショー」公演も続く。

 退陣行動は三・一節にも18回目のろうそく集会を開く計画だ。主催側は「民族解放のために戦ったように、腐敗政権を引きずり下す解放の日になるだろう」と説明した。日本軍慰安婦被害者ハルモニ(おばあさん)のイ・ヨンスさんの発言とろうそく市民33人による朴槿恵退陣ろうそく宣言が行われる予定だ。

パク・スジ記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr )

韓国語原文入力:2017-02-23 18:22
http://www.hani.co.kr/arti/society/society_general/783939.html 訳H.J(1029字)

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue