登録 : 2016.11.16 23:06 修正 : 2016.11.17 21:42

朴大統領の「反撃」に市民は怒り露わに

12日、「集まろう! 怒ろう! #下りてこい朴槿恵第3次汎国民行動文化祭」がソウル光化門広場で行われ、市民がろうそくを掲げ朴大統領の退陣を要求している=イ・ジョンヨン先任記者//ハンギョレ新聞社
 「100万人でだめなら200万人が出ていかなければ。寒くなればろうそくを灯してもっと暖かくすればいいんです」

 ソウル乙支路(ウルチロ)で勤務する会社員のイ・ドゥクホさん(53)は16日、ハンギョレのインタビューで「米大統領も変わり、対外的な状況が急変している時期だ。大統領が個人の意地で粘るのは『国家や国民が破たんしてもかまわない』という意味ではないか」と言い、「すぐにでも下野し検察の調査を受けるべき」と話した。

 大統領府がこの日「大統領の退陣はない」という立場を明らかにし、大統領の対面調査を回避するなど「100万人キャンドルの民心」を真っ向から拒否する動きを見せると、「民心」は激しく反発した。大統領府の「疑惑だけで退陣することはできない」という立場について、就職活動生のチェ・ヨンスさん(26)は「あきれてしまった。国民がどうして疑惑を持たざるを得ないのか、解決する考えはなく…。こんなことでは国民はもっと背を向け、大統領はより大きな打撃を受けるほかない」と話した。台湾に出張中のパク・ソンヨンさん(30)は「台湾のタクシーですら、小さな画面に朴大統領のニュースが出ていて恥ずかしい」と言い、「外国に出ている大韓民国の国民はパスポートを捨ててしまいたい気持ちだ」と話した。

 前日、弁護人を通じて「検察の取調べは最小化しなければならない」という立場を明らかにした朴槿恵(パク・クネ)大統領が、この日いきなり「釜山エルシティの不正疑惑事件を厳正に捜査し、指揮の上下を問わず厳重に処罰せよ」と指示したことに対する批判も相次いだ。会社員のパクさん(29)は「100万人が集まって平和デモをしたから国民を甘くみているのか。その人員が暴力デモをすれば気がつくのか。国民と闘ってみようというのか」と怒りを隠さなかった。会社員のチェさん(27)も「本人が検察の取調べを誠実に受けると言っておきながら、これはどういうことなのか」と話し、「暴力デモでもしなければならないのか。このためにろうそくを持ったのかと自分が恥ずかしくなる」と話した。

 野党の消極的な姿勢を非難する市民も多かった。会社員のアンさん(46)は「弾劾に消極的だった野党が口実を与えた」と批判した。彼は「弾劾という武器をわきに置いて『下りてこい』と叫ぶだけでは下りてくるわけがない」とし、「国民を信じて弾劾を推進しなければならない」と話した。

12日午後、「集まろう! 怒ろう! #下りてこい朴槿恵第3次汎国民行動文化祭」がソウル光化門広場で開かれた。市民がろうそくを掲げ朴大統領の退陣を要求している=イ・チョンア記者//ハンギョレ新聞社

 「キャンドルの民心」が下火になると期待する大統領府に向かって「長期闘争」を覚悟する市民もいる。会社員のクァク・ボンソクさん(30)は「(大統領府の態度を見て)100万の民心を何だと思っているのか。長く引っ張ってはだめだと思った」と話した。クァクさんは「周辺に『12日には用事があって集会に参加できなかったが、今週末には必ず行かなければ』という人も出てきた。寒くなってきて、人々の関心が減るのではないかと心配したが、朴大統領の態度を見てもっと参加し、もっと注目しなければと考えているようだ」と話した。高校3年生の受験生たちは、大学入試が終わるのを狙っている。「21世紀青少年共同体・希望」は、入試が行われる17日の午後7時にソウル鍾路区(チョンノグ)の普信閣(ポシンガク)前で朴大統領の下野を要求する高3受験生集会を開く。13日「高校3年生連合」の時局宣言を主導したヤン・ミョンリョル君(18)は、「この日早朝にフェイスブックページを作ってから何時間も経たずに100人近い人が「いいね」を押したのを見ると、集会を待っている高校3年生が少なくなさそうだ」と話した。ヤン君は「団体でカイロを買って寒さを凌ぐ計画」と話した。

 12日の集会を控えてショッピングモール「ダイソーモール」では、キャンドル・毛布・座布団・カイロなどをまとめた「集会用セット商品」が売り切れた。12日の集会でトラックに「朴槿恵辞めろ」と包装に書かれた豆乳を市民たちに配ったカフェボムボムは、19日にも寒さに震える人々のために豆乳2000個を温めていくと話した。SNSには寒さに備えて、発熱下着や膝まで覆うサッカーソックスを着用するという動きもあった。大学院生のオ・ソンジェさん(35)は「寒いと人出が少なくなる可能性もあるが、見張っていないという意味ではない。物理的な理由で出てこられなくても国民はずっと見張っていることを大統領は知るべきだ」と話した。

パク・スジ、パク・スジン、ホ・スン、バン・ジュンホ記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr )

韓国語原文入力:2016-11-16 20:36
http://www.hani.co.kr/arti/society/society_general/770622.html 訳M.C(2006字)

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue