登録 : 2016.11.15 23:20 修正 : 2016.11.16 06:18

全農15~25日、東・西に分かれて 
一日20~30キロメートルずつ移動 
米価暴落とペク・ナムギ氏殺人抗議…上京闘争

全国農民会総連盟チョン・ボンジュン闘争団が15日、全羅南道海南郡でトラクターなど農機を駆って大統領府進撃闘争を始めた=海南郡農民会提供//ハンギョレ新聞社

 農民が農機を駆って最果ての地である海南(ヘナム)と晋州(チンジュ)から大統領府まで進撃し、朴槿恵(パク・クネ)大統領の退陣を要求する。

 全国農民会総連盟(全農)のチョン・ボンジュン闘争団は15日、「農政破綻、国政壟断犯罪者、朴槿恵退陣」のための農機進撃闘争をこの日から25日まで繰り広げると明らかにした。チョン・ボンジュン闘争団のうち、西軍はこの日トラクターとトラックなど30台余りを駆って全羅南道海南から康津郡(カンジングン)まで行進した。続いて全羅南道(15~17日)、全羅北道(18~21日)、忠清南道(22~24日)を経てソウルに上がる。東軍は16日に慶尚南道晋州市庁を出発し、慶尚南道(16~17日)、慶尚北道(18~20日)、忠清北道(21~22日)、京畿道(23~24日)を経てソウルに北上する。農民たちはトラクターなど農機と農作業用車両で全国を巡回し、1日に20~30キロメートルずつ移動する。主要な市・郡では農民会とともに市場や村で広報活動を行い、農民懇談会とキャンドル集会に参加する。

 全農は「米価が30年前の価格に大暴落したのに、コメの輸入を減らさなかったせいで農村と農民が破綻した。全国の農民が蜂起して、ペク・ナムギ氏を殺した朴槿恵政権を追い出す」と明らかにした。全農は続けて「100万人を超える国民が正統性を失った朴槿恵の退陣を叫んだ。国民の要求である朴槿恵即刻退陣を成功させるために、農機進撃闘争を展開する」と誓った。

 イ・ヒョシン全農副議長は「朴槿恵退陣闘争を農民が最初に始めただけに、我々農民が決着をつけよう。歴史的闘争にたいまつをつけ、ペク・ナムギ先輩の前で堂々とした農民になろう」と話した。イ・ジョンヒョク全農政策部長は「怒れるチョン・ボンジュンの後えいが、大統領府に向けて進撃中だ。朴槿恵は農民の要求に耳を傾けよ」と強調した。

アン・クァノク記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

韓国語原文入力:2016-11-15 21:22
http://www.hani.co.kr/arti/society/area/770352.html 訳J.S(1055字)

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue