登録 : 2015.08.13 21:31 修正 : 2015.08.14 07:01

 東アジア平和会議で基調講演
 安倍首相に植民地支配などに対する謝罪を促す

13日、ソウルの大韓商工会議所で開かれた「2015東アジア平和国際会議」でイ・ホング元首相(前列右から3番目)と鳩山由紀夫元首相(前列左から2番目)らが記念撮影をしている。中央はイ・ヒホ金大中平和センター理事長=イ・ジョングン記者//ハンギョレ新聞社
 鳩山由紀夫元首相が13日、日本は過去の歴史の被害者が「やめてもいい」と言うまで謝罪を続けなければならないと述べた。

 鳩山元首相はこの日、ソウル市と京畿道の主催で、ソウルの大韓商工会議所で開かれた「2015東アジア平和国際会議」で「歴史的事実を直視して東アジア共同体の構築へ」と題した基調演説を行った。彼は植民地支配と日本軍慰安婦問題について、それぞれ謝罪した過去の村山談話と河野談話を引用し、「このような気持ちの表明は、傷ついた国の国民が『やめてもいい』という時期が来るまで続けなければならない」と述べた。鳩山元首相は「日本が景気後退で自信を喪失している中、偏狭なナショナリズムが台頭し、このような考え方を『謝罪外交』と看做して『侵略戦争ではなかった』と主張している」と述べた。安倍晋三首相がまもなく発表する「安倍談話」を通じ、旧日本軍の侵略と植民地支配などについて被害国の国民に積極的に謝罪することを求めたのだ。

 前日、西大門刑務所を訪問し、日本の植民地時代に投獄されて拷問を受けた独立闘士たちに跪いて謝罪した鳩山元首相は「真の愛国心とは、過去の歴史的事実から目を背けず、過ちについては謝罪できる勇気」だとし「偏狭なナショナリズムを抑えるためには、友愛の理念に基づいた地域的な機関を創設し、お互いを理解するための場を共有しなければならない」と強調した。彼は「東アジアが不戦(戦争していない)共同体になることを夢見てきた。そのために、『東アジア共同体』を創設すべきだ」として、沖縄所在の「東アジア議会」と地域安全保障専門機構である「東アジアの平和会議」などの設置も主張した。

 鳩山元首相はまた、「安倍政権が安全保障法案についての議論が進めている」とし「この法案の整備に反対する」ことを明らかにした。鳩山元首相は「日本は平和憲法の下、絶対に戦争に参加しない国として残るべきだ」と付け加えた。

キム・ウェヒョン記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr )

韓国語原文入力:2015-08-13 19:28

http://www.hani.co.kr/arti/politics/diplomacy/704372.html 訳H.J

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue