登録 : 2015.08.01 11:08 修正 : 2015.08.01 12:52

城北洞宅に集結したオーナー家の動き

辛格浩ロッテ総括会長の弟シン・ジュノ・プルミル代表理事会長(左)と申宣浩サンサス社長が31日夜、祭祀が行われたソウル・城北洞の辛東主前日本ロッテホールディングス副会長宅から出ている//ハンギョレ新聞社
 ロッテのオーナー家が31日夕、ソウル・城北洞にある辛東主(シン・ドンジュ、重光宏之)前日本ロッテ副会長宅に集まり、辛東主・辛東彬(シン・ドンビン、重光昭夫)兄弟の経営権紛争をめぐって家族会議を電撃的に開いた。どんな話が出たのか注目される。この日夕、辛東主前副会長の自宅には辛格浩(シン・ギョクホ、重光武雄)総括会長の祖先の祭祀(法事)に参加するため、ロッテオーナー家の家族が次々と到着した。辛格浩総括会長の兄弟も祭祀のために一人二人と集まった。

 6時50分頃、城北洞宅に到着した日本で食品会社を運営する申宣浩(シン・ソンホ、重光宣浩、82)サンサス商事社長は、待機していた取材陣に「(辛総括会長は)東主が経営権を持つことに対する意見を変えたことがない。とにかく最終経営者は長男」と釘を刺した。申宣浩氏はまた「辛東彬会長が日本ロッテホールディングス代表理事に就任したのも辛格浩総括会長の意思ではない。辛総括会長は辛会長に経営権を奪われたと感じている」と強調した。

 この日、日本から金浦(キンポ)空港を通じ入国した申宣浩社長は、辛格浩総括会長の兄弟9人のうち唯一人日本で事業をしており、27日の辛総括会長の日本行きに同行していたことが分かり、その発言の真意が注目される。

 申宣浩社長は、韓国と日本のロッテを辛東主前副会長がすべて運営すべきだというのが辛格浩総括会長の意思かとの質問には、即答を避けた。申宣浩社長はまた「辛格浩総括会長は最近1年間、本人が知らない内容が報道されたことに憤りを感じている」として「(辛東彬会長の日本ロッテホールディングス代表理事就任は)東彬の意志でそうなったのか分からないが、辛格浩総括会長は『総括会長である私がそんな指示を出したことはない』と話した」と伝えた。さらに辛東彬会長が辛格浩総括会長をロッテホールディングス代表理事会長から解任したことに対し「道徳的におかしなこと」と批判した。

辛格浩ロッテ総括会長(車椅子に座った人)が27日夜、ソウル金浦国際空港を通じて日本から入国している=シン・ソヨン記者//ハンギョレ新聞社

申宣浩サンサス社長が明かす
挙動が不便な辛格浩総括会長は不参加
「辛東彬に止めさせなくては」
辛格浩総括会長の肉声録音をマスコミに公開

 祭祀が行われる城北洞宅には午後6時30分頃、辛貞姫(シン・ジョンヒ)東和免税店社長(辛格浩総括会長の五人目の妹)の夫のキム・キビョン・ロッテ観光会長が最初に到着し、辛格浩総括会長の五人目の弟のシン・ジュノ・プルミル会長も夫人ハン・イルラン氏とともに来た。シン・ジュノ会長は取材陣の質問に何の返事もせず急いで家の中に入った。申宣浩社長が現れて約40分後には、辛格浩総括会長の六番目の妹のシン・ギョンスク氏と思われる女性が取材陣を避けて家に入った。

 長男の辛東主前副会長はこの日午後、辛格浩総括会長が留まる小公(ソゴン)洞のロッテホテルを出る場面が目撃されており、すでに自宅に着いているものとみられる。辛東主前副会長寄りと知られるシン・ヨンジャ・ロッテサムドン福祉財団理事長とシン・ドンイン・ロッテジャイアンツ球団オーナー職務代行も来たか確認できなかった。挙動が不便な辛格浩総括会長はロッテホテル34階の執務室を兼ねた住まいに留まったまま、祭祀には参加しなかったことが分かった。辛東彬会長も祭祀に参加しないまま日本に留まっている。

 一方、この日のKBS(韓国放送)「9時のニュース」で、辛格浩総括会長の肉声録音ファイルが公開された。前日の30日午後2時頃、辛東主前副会長が辛格浩総括会長の執務室を訪問した際に交わされた会話の肉声だとKBSは報じた。それによれば、辛格浩総括会長は長男と会った際に「東彬と佃(日本ロッテホールディングス社長)を辞めさせるようにしたじゃないか。辞めねばならないから強制的に辞めさせなくては」と話した。

 KBSはまた、辛格浩総括会長が「7月17日付で長男を韓国ロッテグループ会長に任命する。次男を後継者に承認した事実はないということを確認する」という内容が書かれた文書を辛東主前副会長が一緒に公開したと報じた。

チョ・ケワン記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr )

韓国語原文入力:2015-07-31 22:27

http://www.hani.co.kr/arti/economy/economy_general/702717.html訳Y.B

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue