登録 : 2015.07.28 23:31 修正 : 2015.07.29 08:12

日本軍“慰安婦”被害者の故キム・ウェハンさんの追悼碑除幕式が故人の四十九日を翌日に控えた28日午前、京畿道広州市退村面のナヌムの家で開かれ、長男のソン・スゥノク氏(前列左側)が母親の遺影に触れている =広州/イ・ジョンア記者//ハンギョレ新聞社

 日本軍“慰安婦”被害者の故キム・ウェハンさんの追悼碑除幕式が故人の四十九日を翌日に控えた28日午前、京畿道広州市退村面のナヌムの家で開かれ、長男のソン・スゥノク氏(前列左側)が母親の遺影に触れている。ここでキムさんと共に晩年を過ごしたイ・オクソンさん(右から)、パク・オクソンさんも献花して最後の挨拶を伝えた。

広州/イ・ジョンア記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

韓国語原文入力:2015-07-28 20:19
http://www.hani.co.kr/arti/society/society_general/702195.html 訳J.S(426字)

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue