登録 : 2017.08.08 22:14 修正 : 2017.08.09 06:45

8日、外交部報道官論評 
「日本がつまらない主張を反復…関係発展に役立たない」

日本政府が8日、13年連続で独島は日本固有の領土という主張を繰り返した今年の防衛白書(『日本の防衛』)を閣議決定した。写真は白書内の「我が国(日本)周辺海・空域での警戒監視イメージ」という地図。独島を竹島と表記して日本の領海と排他的経済水域(EEZ)内に入れた/聯合ニュース
 8日、日本が13年連続で防衛白書に「独島(日本名:竹島)は日本の領土」という主張を載せたことに対して韓国政府は直ちに撤回を求めた。

 外交部はチョ・ジュンヒョク報道官名義の論評を出し「独島に対する不当な領有権主張を繰り返したことに対して強く抗議し、直ちに撤回を求める」と明らかにした。チョ報道官は「(日本が)独島に対するつまらない主張を繰り返すことは、韓日間の未来指向的な成熟した協力パートナー関係を発展させていくことに全く役立たない」として「日本政府は(これを)明確に自覚しなければならない」と明らかにした。さらに「(韓国)政府は歴史的・地理的・国際法的に明白な大韓民国固有の領土である独島に対するいかなる挑発にもきっぱりと対処していくことを改めて明確にする」と付け加えた。

 日本政府は毎年防衛白書を発表し、この日発表した「2017年防衛白書」にも「独島は日本領土」という主張を載せた。日本がこうした主張を防衛白書に載せたのは今年で13年連続だ。

ノ・ジウォン記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

韓国語原文入力:2017-08-08 14:56
http://www.hani.co.kr/arti/politics/diplomacy/805969.html 訳J.S(748字)

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue