登録 : 2017.07.03 01:04 修正 : 2017.07.03 06:33

ワシントンの特派員記者懇談会で明らかに 
「首脳間の合意内容を見ればよい…残りは合意外の話」 
「自動車と鉄鋼、米国が貿易赤字多い」というトランプの問題提起に 
「米商務部の自主分析資料を見てもFTAは互恵的作用」と説明 
「トランプ、米国のマスコミに『ベリーベリーベリーグッド』とも言った」

文在寅大統領が1日午前(現地時間)、米ワシントンのホワイトハウスのブレアハウスで韓国特派員たちと懇談会を開いている=大統領府提供//ハンギョレ新聞社
 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は1日(現地時間)、ドナルド・トランプ米大統領が韓米自由貿易協定(FTA)再交渉を既成事実化したことについて「合意外の話」と明らかにした。

 文大統領はこの日、帰国に先立ってホワイトハウスの迎賓館であるブレアハウスで、ワシントン特派員団との懇談会を通じて「トランプ大統領は再交渉開始を明らかにしたが、大統領府は再交渉の合意はないと言ったが、会談でどのような話が交わされたのか」という質問にこのように答えた。

 文大統領は「(両首脳の)合意内容を見れば良い。残りは合意外の話」だとし、「経緯は分からないが、共同声明が記者たちに配布されたのに加え(両首脳が共同マスコミ発表で)それぞれ言いたい話をするものだった。私は共同声明の内容を知っていてそこに合わせて話したのであり、トランプ大統領はおそらく合意できなかった話をしたのだろう」と説明した。

 文大統領は「首脳会談の過程では(トランプ大統領などが)『米国が貿易赤字をたくさん負っている。特に自動車や鉄鋼分野、特に鉄鋼は中国産の鉄鋼が韓国を経て迂回して米国に入ってくるという問題を提起した」とし、「これに対し、我々としては米商務部の自主分析資料によっても韓米自由貿易協定(FTA)は互恵的に作用していると説明した」と付け加えた。

 文大統領は「韓米自由貿易協定発効後、世界貿易量が12%減ったが、韓米貿易量は12%増えた。商品では米国が赤字を出しているが、サービスでは我々が赤字、投資も米国の方がよく、全体的にバランスが合う」と強調した。

 文大統領は「それでも是正の素地があるなら、彼らが関税外の壁について語るならば、実務タスクフォース(TF)を構成し、自由貿易協定の影響などを調査、分析、評価してみようと逆提案して終わった」と会談の過程を詳しく紹介した。文大統領は「トランプ大統領は合意なしに、その合意だけでは満足できなかったのか、再交渉を別途話されたのだ。合意外の話」だと繰り返し強調した。

 文大統領は北朝鮮と対話できる具体的で正しい条件と関連して「今の段階では特定しないことが賢明だと判断した。例を挙げれば、北朝鮮が追加の挑発をしないという確かな約束も一つの条件になりうるし、米国人の解放も条件となりうるが、今の段階では特定しないことが望ましい」と話した。文大統領は「トランプ大統領によるとそれは変化する情勢のなかで感じとして判断するしかないのではないか(ということだ)。近くにある韓国がより感があるのではないかと、むしろより信頼している様子を見せてくれた」と述べた。

 文大統領は今回の共同声明で、中国が包囲戦略とも認識できる韓日米3国間安保協力の発展の条項が入ったことに関連して「少なくとも北朝鮮が核とミサイル挑発を継続している状況で、北朝鮮核問題対応に向けては、共に協力せざるを得ないと思う」とし、「その点は中国も理解するものとみられる」と明らかにした。文大統領は「北朝鮮核問題のために日本との協力は避けられないものと思う」と付け加えた。

 彼は「大韓民国の位相が変わった。特に『ろうそく革命』に対する印象が深いのか、平和的政権交代とそのように交代された大統領だという点で高い尊重を示してくれた」とし、「むしろ世界は我々をもてなしているのに、我々が自らを見下しているような感じがする」と話した。

 彼は「(我々の)南北対話主導の提案に対しても、彼らはあまりにも当たり前の主張で受け入れたが、むしろ韓国内部ではもしかしたら米国と意見が違うんじゃないかと心配するほど」とも述べた。

 文大統領はトランプ大統領との関係について「思ったよりはるかに意気が合い、とても丁寧で親切だった」とし、「トランプ大統領が米国メディアの前で『グレート・ケミストリー』(Great Chemistry、非常に息が合う関係)という表現と『ベリーベリーベリーグッド』(very very very good)という言葉も言われた」と紹介したりもした。

 文大統領はまた、トランプ大統領との握手に先立ち、「韓国で(握手に)関心が多い」と言うと、トランプ大統領が「私は握手をどうすればいいのか分からない。握手をこうすればこのようにすする、ああすればあのようにするという言葉が出て、むしろもっと握手が慎重になる」と言ったと紹介した。

ワシントン/イ・ヨンイン特派員(お問い合わせ japan@hani.co.kr )

韓国語原文入力:2017-07-02 09:33
http://www.hani.co.kr/arti/international/america/801049.html 訳M.C(2172字)

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue