登録 : 2016.07.18 00:36 修正 : 2016.07.18 06:56

トルコのクーデターに関連してヨーロッパ首脳が 
対策を立てるために撮影を早く終了

韓国とモンゴル「経済パートナー協定(EPA)共同研究開始」で合意
韓国、モンゴルのインフラ事業に参加へ、4700億円規模

16日(現地時間)、モンゴルのウランバートルで第11回アジア・ヨーロッパ首脳会議(ASEM)に参加した各国首脳が閉幕日の団体記念撮影をしている=連合ニュース

 朴槿恵(パククネ)大統領とモンゴルのツァヒアギーン・エルベグドルジ大統領は17日(現地時間)、ウランバートルのモンゴル政府庁舎で首脳会談を行い、経済交流の拡大と北朝鮮核問題への対応で緊密に協力していくことにした。

 朴大統領は、韓・モンゴル経済パートナーシップ協定(EPA)の共同研究開始に合意したことと関連して、共同記者会見で「こうした努力が究極的に両国の交易および投資拡大につながる」とし「速やかに共同研究に着手して研究を早期に終え、交渉をはやく始めよう」と述べた。今回の首脳会談を契機に、韓国が44億9千万ドル(約4700億円)規模のモンゴルのインフラ事業に参加するなど、両国は経済分野16件など合計20件の了解覚書を締結した。

 一方、朴大統領は16日、ウランバートルで開かれたアジアヨーロッパ首脳会議(ASEM)閉幕記念撮影に参加できなかった。当初、この日の自由討論に先立ち、出席した首脳らの団体写真撮影が予定されていたが、トルコの軍部クーデターに関連したニュースが知らされ、ヨーロッパ地域の一部首脳たちが対策準備のために急いで会議場に入場したため、記念撮影が予定より早く行われた。その時間に到着できなかった朴大統領とロシアのドミートリー・メドヴェージェフ首相など5カ国の首脳は記念撮影に参加できなかった。

 朴大統領は4月に米国ワシントンで開かれた核安保首脳会議の団体記念写真撮影にも参加できなかった。朴大統領が写真撮影直前の休憩時間に化粧室を利用している間に、米国側が日程遅延を理由に団体撮影を始めたためだ。当時はフランスのオランド大統領も写真撮影に参加できなかった。

チェ・ヘジョン記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

韓国語原文入力:2016-07-17 21:12
http://www.hani.co.kr/arti/politics/bluehouse/752649.html 訳J.S(1006字)

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue