登録 : 2015.10.05 00:20 修正 : 2015.10.05 06:11

米空母反対運動団体事務局長の新倉泰雄氏

米空母ロナルド・レーガン号の横須賀母港化に反対する市民たち //ハンギョレ新聞社

 今月1日、米空母ロナルド・レーガン号(CVN 76)が入港した神奈川県の横須賀では、市内各所で終日市民の反対集会が続いた。この日の集会現場で会った新倉泰雄氏(63)「原子力空母の母港化を阻止する三浦半島連絡会」事務局長は、「米原子力空母の入港による放射能流出事故を憂慮する住民たちの不安感が非常に高まっている」と訴え「日本は集団的自衛権を行使することになっただけに、今後ロナルド・レーガン号を中心とする米第7艦隊と日本の海上自衛隊が本格的に共同作戦を展開できるようになるだろう」と話した。 横須賀は韓国の東豆川(トンドゥチョン)や平沢(ピョンテク)のように、日本国内の代表的な“基地の街”と呼ばれる。

「日本、集団的自衛権行使によって
レーガン号との共同作戦可能
米国の戦争に巻き込まれることになるだろう」

新倉泰雄氏 //ハンギョレ新聞社

-米国の航空母艦に反対してきた地域住民たちの運動の歴史が非常に長いのに驚いた

 「横須賀は先の戦争の前から日本海軍の重要拠点だったし、今も米海軍第7艦隊と海上自衛隊の基地が存在している。 それで以前からこちらは軍都、すなわち軍隊の都市と呼ばれてきた。 1960年頃、横須賀に米国の原子力潜水艦が初めて入港し大きな反対運動が展開された。 横須賀に米空母が初めて入ってきたのは1973年だった。 空母は戦争をするために戦闘機を載せる船なので、これに反対する運動が始まった。以後42年間、横須賀は米空母の母港として存在してきた。 米空母が海外に母港を置いているのは横須賀だけで、世界のどこにも類例はない」

-今回入港したロナルド・レーガン号は原子力推進空母だが

 「以前に横須賀に駐留していたミッドウェイ号、インディペンデント号、キティホーク号は重油で動く通常型空母だった。 しかし2008年のジョージ・ワシントン号から原子力空母に変わった。 今回入港したロナルド・レーガン号は長さが333メートルにもなる巨大な空母でもある。 しかし空母が原子炉(熱出力60万kW)を2基も抱えているということが住民たちを非常に不安にしている。 日本は広島など被爆経験を持っていて、2011年には3・11福島原発事故の悲劇も体験した。 それで住民たちは原子炉から放射能が漏れたら、原子力事故が発生したらどうすればいいのか、強い恐怖を抱いている。 しかし、米空母の原子炉は日本政府の安全審査を全く受けない。 また、2006年のキティホーク号乗務員による日本女性殺人事件に見るように、米軍人の犯罪に対する憂慮も極めて強い」 (今まで米国政府が日本に提出したのは、2006年に提示した“ファクトシート”だけだ。 これを見れば、「原子炉を四重格納容器や空母の船体など四重の防護壁で覆っており、放射能を艦内に閉じ込めることができる」という内容が書かれている)

-今回の空母交替に対する住民たちの意見は?

 「2008年にジョージ・ワシントン号が配備される以前の2006年と2008年に市民が地方自治法に基づいて空母入港の賛否を問う住民投票運動を進めた。 当時4~5万人の住民署名(市の人口は41万人)を集め、市議会に提出したが、空母入港に賛成する保守派が掌握している市議会はこの案を否決した。 私が活動中の連絡会は、その当時の2006年5月に作られた。 今回の入港を控えて市民対象のアンケート調査を行った。 その結果、多くの市民が空母の配置に反対する立場を持っていることが確認できた」(市民1万2059人が参加したアンケート調査の結果、空母配置に対する賛成意見は13.7%、反対意見はそれより3倍以上多い49.7%に達した)

-先月、安倍政権が集団的自衛権の行使を骨格とする安保関連法を通過させた。このような事実が今後横須賀を母港としている米海軍第7艦隊にどんな影響を与えると考えるか?

 「2013年5月、ジョナサン・グリーナート(当時)米海軍作戦部長が、日本が集団的自衛権を行使することになれば『米日合同空母機動部隊を作ることが可能になる』と話したことがある。 今年5月、ジョージ・ワシントン号が横須賀を出て米国に戻る時、(自衛隊の軽空母である)出雲がこれを見送り、今回ロナルド・レーガン号が入ってくる時にも出雲が再び迎えに出て入港を誘導した。これが今後、日本が行使することになる集団的自衛権を象徴している。今後、米第7艦隊のロナルド・レーガン号と日本の軽空母である出雲や加賀(現在建造中)等が、一緒に共同作戦できるようになる。 中谷元・防衛相も自衛隊が米空母などを防御できると話した。 そうなれば敵が自衛隊を攻撃できるようになり、日本が米国の戦争に巻き込まれて行くことになるだろう」

横須賀/文・写真 キル・ユンヒョン特派

韓国語原文入力:2015-10-04 20:31
http://www.hani.co.kr/arti/international/japan/711379.html 訳J.S(2164字)

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue