登録 : 2015.07.28 22:26 修正 : 2015.07.29 08:14

チ・ジェリョン駐中北朝鮮大使が28日、北京の北朝鮮大使館で記者会見を行っている。チ大使はこの日、北朝鮮はイラン式の核放棄や凍結交渉には関心がないと述べた=北京/ AP連合ニュース
 チ・ジェリョン中国駐在北朝鮮大使が28日、「我々(北朝鮮)はイランと全く違う」とし「一方的な核放棄や凍結を議論するための対話には全く関心がない」と述べた。

 チ大使は同日、北京の北朝鮮大使館で記者会見を開き、「私たちの核抑止力は、半世紀以上続いている米国の核の脅威と敵視政策から、自主権と生存権を守るために不可欠な手段」だとし、「これは交渉のテーブルの上に載せて取引するような対象ではない」と述べた。チ大使は「我々は名実共に核保有国であり、核打撃手段は本格的に小型化、多種化段階に入って久しい。私たちとイランとは完全に実情が異なる」と述べた。

北京/ソン・ヨンチョル特派員(お問い合わせ japan@hani.co.kr )

韓国語原文入力: 2015-07-28 20:12

http://www.hani.co.kr/arti/international/asiapacific/702182.html 訳H.J

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue