登録 : 2016.10.20 23:49 修正 : 2016.10.21 13:58

就業者100人に4人の割合 
主に低賃金・零細企業の仕事に従事 
KDI「低賃金雇用の環境が悪化」

 韓国の労働市場で外国人就業者が100万人に迫っている。韓国国内の就業者100人中4人は外国人だということだ。外国人就業者は主に規模の小さな零細企業に雇用され、低賃金で働いている。増える外国人就業者は低賃金雇用市場において、賃金などの労働環境にも少なからぬ影響を及ぼしている。

 統計庁が20日発表した「2016年外国人雇用調査結果」によると、昨年5月基準の外国人の韓国国内就業者は、1年前より2万4千人増えた96万2千人だ。外国人の韓国国内就業者数は関連統計が作成され始めた2012年(79万人)以降、2013年(76万)の1年を除いて毎年増加した。いまや100万人突破を目前にしている。失業者まで含めた経済活動人口は、今年初めて100万人を超えた。1年前に比べ3万9千人の増加だ。

外国人就業者数および比重の推移(資料:統計庁)//ハンギョレ新聞社
 国内就業者のうち外国人就業者の占める比重は3.64%だった。1年前より0.06%高くなった。国内就業者1000人のうち36人は外国人ということを意味する。外国人就業者の比重は2013年の2.99%以降、2014年には3.30%、2015年には3.58%と着実に増えている。

 外国人は主に規模が小さく低賃金の職場で働いている。外国人就業者96万2千人のうち25万7千人が、雇用規模が10~29人程度の企業に就職した。1~4人が働く企業に就職した外国人も21万6千人に上る。外国人職員のみで構成されている企業が韓国には相当数あるということになる。一方、雇用規模が300人以上の大企業で働いている外国人就業者は2万9千人に過ぎない。1年前(3万4千人)より5千人減少した。

 就業者のうち働いて賃金を得る賃金労働者に限れば、外国人は毎月100万ウォン(約9万2千円)そこそこの給料を支払うところで主に働いている。外国人賃金労働者91万9千人のうち、約半数の44万7千人がこのようなところで就業している。200万ウォン(約18万4千円)~300万ウォン(約27万6千円)程度の給料を支払うところで働く外国人は34万9千人だ。

 外国人就業者は若い。20代の外国人就業者が25万人、30代が28万人だ。10代もおよそ3千人ほどが就業している。これを全て合計すると、39歳以下の若い外国人就業者は、外国人就労者全体の半分を超える55.8%に上る。これは中壮年層中心の韓国の雇用市場とは違いがある。今年5月現在、経済活動人口調査資料によると、国内就業者のうち39歳以下の就業者の比重は36.6%だ。

 外国人就業者の比重の増大は、雇用市場全体にも少なからぬ影響を与えている。特に、外国人が主に未熟練の低賃金雇用に従事している点を念頭に置けば、このような仕事に及ぼす影響はさらに大きい。韓国開発研究院(KDI)のチェ・ギョンス人的資源研究部長は、2013年に発表した研究で、2000~2008年まで未熟練男性(30~34歳)雇用の賃金上昇率が外国人の流入がなければ約9%だった筈だが、外国人流入の影響で7%に止まったと推定している。

キム・ギョンラク記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr )

韓国語原文入力:2016-10-20 21:27
http://www.hani.co.kr/arti/economy/economy_general/766577.html 訳M.C(1468字)

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue