登録 : 2016.07.15 22:14 修正 : 2016.07.16 07:12

中国電気自動車メーカーBYDのプラグインハイブリッド「チン}=BYD提供//ハンギョレ新聞社
 サムスン電子は電気自動車の販売で世界1位の中国のBYD(比亜迪)に投資すると15日明らかにした。サムスン電子は「電気自動車とスマートフォン部品を生産するBYDと持分投資を協議した」として「投資金額と持分割合は最終確定した後に公開する」と明らかにした。業界では、投資規模が5千億ウォン(約470億円)程度になると見ている。

 充電用バッテリーメーカーからスタートしたBYDは、昨年、電気自動車と「プラグイン・ハイブリッド自動車」(モーターとガソリンエンジン兼用車)6万台余りを販売した。サムスン電子の今回の投資は、電気自動車市場の高い成長可能性を念頭に置き、協業の強化を追求するものと見られる。サムスン電子はBYDに各種のセンサーや車両用半導体、LCDを供給し、BYDはサムスン電子にスマートフォン用のメタルケースやバッテリーを供給してきた。サムスン電子は最近、車両用の電子・情報機器を作る電装事業に注力している。またサムスン電子の系列会社サムソンSDIは、中国で電気自動車用バッテリーを生産している。

キム・ジェソプ記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

韓国語原文入力:2016-07-15 20:25
http://www.hani.co.kr/arti/economy/economy_general/752499.html 訳J.S(604字)

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue